お金が空気のようになる

あなたにとってお金が空気のようになります。つまり、どこからともなく、どうやっていても必要な分入ってくるようになるということです。

お金はあなたのものではない

とっても簡単な原理です。あなたのお金が存在するなら、誰かのお金も存在します。では、あなたのお金が存在しなかったら、あなたのお金という概念が存在しなかったら、誰かのお金という概念も存在するでしょうか?そしてその時、お金は誰のものになるでしょうか?

「私のもの」という概念があなたを一喜一憂させる

お金が手に入る。つまり、お金があなたのものになると嬉しい。でも、お金が出ていく、お金があなたの元から去ると嫌な気分になる。

お金に限らず、あなたが何かを手に入れてあなたのものになると嬉しい。でも、あなたがまだ「私の元においておきたい。これを所有しておきたい。」と思うものを何かを失ってあなたの元から去ると嫌な気分になる。

そうではないですか?

手に入れたときのいい気分を求め、失ったときの嫌な気分を避ける。そのために四六時中あれこれ考えて、さらにはしたくもないことを繰り返ししていませんか?

よくある例が、したくもない仕事をしてお金を得て、1円でもお金を失わないようにあれこれ考えて、コスパを考えて欲しくもないものを買って、本当に欲しいものを我慢する。という例です。

もちろん、これが悪いというわけではありません。あなたがそうしたいのならそういう選択肢もあります。そのまま続けたいのなら続けることもできます。でも、手に入れる失うで一喜一憂する人生、そのためにしたくもないことを続ける人生、何にも執着せず解放感溢れる人生を選ぶこともできます。

解放感溢れる人生を選択するには、「私のもの」という概念、考えを手放します。「私のお金」という概念を手放します。と言っても、あなたが持っているお金をすべて誰かにあげてしまいましょうということではありません。もちろん、あなたがそうしたいのならそうしても構いません。

あなたが手放すのは、今あなたの手元にあるお金そのものではなく、「私の」という概念、考えです。お金を「私のお金」「私以外の人のお金」と捉えるのではなく「お金」として捉えることです。

あなたがお金を「私のお金」として捉えると「手に入れなければいけない」「失わないようにしなければいけない」と思うようになります。その結果、したくもないことをし続ける人生を送ることになります。

もしかしたらあなたは「でもお金は生きていくために必要なものだ。だから、手に入れようとすることも失わないようにすることも至極当然だ。」と思われるかもしれません。

本当はお金なんて必要ないものですが、それでもこの社会で生きていくために今はお金が必要だということは認めます。お金がなければできることがかなり限られてしまうということも認めます。そうならないために、必要なお金を得てくる必要があるし、何かあったときのために必要な額のお金を残しておく必要があると考えるのもわかります。

お金は生きていくのに必要だから、得てこなければいけない。失わないようにしなければいけない。そのためには、したくないことをするという多少の犠牲を払う必要がある。あなたはそう考えているかもしれません。

生きていくために必要なものは、どうやってでも手に入れなければいけない。その通りです。そうじゃなければ死んでしまいます。しかし、手に入れるために嫌なことをする必要は本当にあるのでしょうか?

お金以外にも、あなたが生きていくために必要なものは何がありますか?食べ物はそうかもしれませんね。でも、食べ物以上に必要不可欠物があります。というのも、食べ物は無くなってもしばらく死にませんし、最近では「ブレサリアン」という食べ物を食べずに生きている人もいるからです。

ということは、食べ物を食べないと死ぬというのもただの思い込みに過ぎないということですね。

水も必要かもしれませんね。しかし、これも食べ物と同様にすぐは死にませんし、水を飲まなくても死なない人もいます。

食べ物や水以上に必要な物。それは「空気」です。これがないと一瞬で死んでしまいます。水や食べものを採らなくても死なない人はいますが、宇宙空間で生きられる人はいません。

空気はあなたや私、人間が生きていくのになくてはならないものですね。では、あなたはその空気をどうやって手に入れてますか?生きるためにはどうやってでも手に入れなければならないものです。空気を手に入れるために、したくないことをするという多少の犠牲を払っていますか?嫌なことをする必要があるでしょうか?

嫌なことをする必要がないどころか、あなたが何もしなくても勝手に呼吸が起きて空気を吸ったり吐いたり、得たり失ったりしていますよね。そもそも空気を得たり失ったりと考えたり感じたりすることはないでしょうが。

お金よりも生きていくために重要なものなのに、お金よりも楽、というより何もすることなく供給されている。それでは、お金と空気の違いは一体なんでしょうか?

続きは有料です

内容が「優良」なので「有料」です。 下のボタンをクリックして決済してください。その後、全文が書かれているページに自動でジャンプします。 値段は298,000円です。これで、あなたはお金を空気のように扱えるようになります。

やること、すること無し

あなたはお金を空気のように扱うために、何かのスキルを身につけたり何かを覚えたり、何かを変えたりする必要は一切ありません。

働くてもお金が手に入るようになる

お金は働かなくても手に入ります。もし、あなたが働かないとお金は得られない状態なら、なぜそうなっているのかがわかります。そして、どうすればいつどこで何をしていてもお金を得られるようになるのかがわかります。

執着がなくなって、安心して生きられるようになる

お金だけではなく、すべてのものが空気のように感じられるようになります。つまり、必要なものは何をしていてもやってきます。必要なくなるものは去ります。何かが去っても、また違う必要なものがやってくると腑に落ちて生きられるようになり、安心していられます。