2020/05/14

鳴門公園、うどん、ゴディバ

鳴門公園がこんなにも地獄だとは思いもしませんでした。

学校から「話がある」と呼び出しをくらう

今日は親が子供の宿題を学校に持っていく日でした。そのうち持って行こうと思っていたら学校から電話がかかってきて「話したいことがあるので15時までにきてください。」と言われました。

そんなこと言われると、なんだろうとちょっと不安になるじゃないですか。頭の中にはあれこれ想像が駆け巡ります。「なんかの苦情がきたのか?」とか、「もう息子さんは手に追えないので転校してくれ。って言われるのか?」とか。

まぁでも、そういう時に出てくる考えは正確じゃないですからね。適当に聞き流しておきました。

結局何だったかというと、健康に関する申告書かなんかの記入漏れがあってそのことを確認したかっただけでした。何にも大したことないですよね。

鳴門公園が地獄への入り口に

昨日、息子が「鳴門公園ってどんなところ〜?行ってみたい〜。」と言っていたので連れてきました。鳴門公園って言っても遊具などはなく、鳴門大橋が見える展望台とかそういうのしかありません。

でも、息子は誰かさんに似たのかいくまで気が済みません。

到着するとコロナの影響で駐車場はガラガラです。快晴で最高に綺麗に景色見える日なんですけどね。駐車場から展望台までは結構距離があるんですが、コロナの影響で展望台まで通じるエスカレーターは休止しているので歩いて登ることになりました。

これが地獄への入り口でした。

展望台まで200mとか150mって書いてあったので、「まぁそんなに遠くないだろう。」と思って歩いていましたが全然そんなことありませんでした。「ゼロひとつつけ忘れてるんちゃうか?」と思うくらい遠く感じました。ほとんど階段だったんで、、、

頑張って登ると、見慣れない展望台に到着しました。地震の時に逃げるときのような展望台です。ここも階段、、、でも、一生懸命登ったところに、爺さんと婆さんのグループがいました。どうやらここで鷹を見られるらしく、双眼鏡やら超巨大が望遠レンズやらを持って鷹を待っているみたいでした。

「望遠レンズ持ってきたら鷹の写真撮れたのにな〜。」と思いましたが、このとき気づきませんでしたが望遠レンズ持ってたんですよね。いつもは広角レンズをバッグに入れてるんですが、昨日猿の写真を取るのに望遠レンズに入れ替えてたのを忘れてたんですよね。一応探してみれば良かったです。

でも、鷹が飛んでくるのは一応見えました。

千畳敷展望台へ

おじいさんとおばあさんに別れを告げ、さっきとは違う道を進みます。続いて到着したのは千畳敷展望台です。ここは鳴門大橋に近く、かなり迫力ある鳴門大橋を眺められます。

橋を撮っていると眼下にとても綺麗な海が広がっているのが見えました。エメラルドグリーンっぽい色で綺麗です。沖縄の海までは行きませんが、それに負けないくらい綺麗な色でした。「徳島でもこんな綺麗な色の海が見えるんだな〜。」とちょっと感動しました。

せっかくならその綺麗な海を間近に見たいので、さらに階段を降りて進んで行きました。降りるのは比較的楽なんですよね。その分帰りがしんどいんですが、、、

迷子になる

海のそばまで行き、一通り写真を撮ったので戻ろうとしたんですが、途中で迷子になってしまいました。

私も子供ももう体力の限界でした。奥さんは途中で引き返したので車の中で待っているはずです。ケータイを家に忘れています。「あ〜、怒られるなぁ。」と言う気持ちが焦らせます。

早く行きたい時に限って道を間違えて迷子になったりするんですよね。疲れているのも相まってみんなで大ブーイングです。

なんとか千畳敷展望台まで戻ってきました。でも、またあの階段地獄を登って帰るのはどうしても避けたい。なので地図を見て、工事現場の人に聞いて階段を上らなくて済む道を歩いて帰りました。

歩くこと15分ほど、見たことがある建物が見えた時にはホッとしました。

車に向いて歩いている途中のベンチに奥さんが座っていました。車の中で待っていると思いきや、気分が悪くて外で待っていたそうです。かなり待たせたので怒ってるかなと思いましたが、怒られることはなくホッとしました。

かなり脚がだるくなって疲れましたけど、素晴らしい景色や鷹が見えたりして楽しかったです。

うどんやいのうえの元祖へ

昨日、美容院での待ち時間に徳島のグルメ雑誌を読んでたんですが、そこで板野に「うどんやいのうえ」の元祖があると知ったので行くことにしました。

鳴門公園で歩き回ったのでしんどくないかなと思いましたが、板野まで無事に運転できました。

11時半くらいに到着しましたが、店内は結構賑わっていました。人気店なんでしょうね。店内はあまり広くないので、店内入り口の外まで少し行列ができていました。

店員さんの対応が気持ちいいですね。注文を聞いてくれる人、レジをしてくれる人、とても丁寧に対応してくれました。麺を丼に載せる人の手捌きは流れるようで美しいなと感じました。盛られた麺も綺麗に整って盛られていましたね。

肝心のうどんの味は出汁がきいていて美味しいうどんです。これは惚れ込んで弟子入りしたくなるのもわからんでもないなぁと感じる美味しさでした。

うどんやいのうえよりも出汁が聞いた味、肉うどんの肉も濃い目の味でした。

ゆめタウンへ遊びに行く

板野までのドライブでそのままとんぼ返りするのも勿体無かったので、ゆめタウンのゲームセンターによることにしました。

緊急事態宣言が解除されてたので、人の入りは結構戻ってきていましたね。まだしまっているお店もありましたが。

ゲームセンターに寄ったあと、ゴディバであまおうのドリンクを飲みました。女子みたいな飲み物でしたが、チョコレート好きの私にはたまらない美味しさでした。ゲロ甘です。

やっぱり疲れていたのか、家に帰ってきてから死ぬほど寝る

ゆめタウンから帰ってきたら、久しぶりに睡魔に襲われました。最近昼間に眠くなることがなくなっていたので久しぶりです。

よほど疲れていたのか気づいたら1時間半くらい寝ていました。起きた後も強烈な体のだるさがあって、しばらく何もできませんでした。

疲れた1日でしたが、とても楽しい1日でした。そして、最高に幸せな人生でした。

最近の投稿

同じカテゴリの記事

こちらも読んでみませんか?