イオン、車の相談、愚痴の電話

無条件について感じたこと

自由とはあらゆる条件付けから解放されること。この言葉はわかりやすいし心に刺さった。少しこのことについて朝考えていた。

条件付けといえば、何かの出来事に反応する思考それから感情だ。その反応は、今まで経験した出来事によって形成される。この時はこうすべき、すべきでない、したほうがいい、しないほうがいいなどの判断がされ、それによって行動が取られたり取られなかったりする。

また、こうあるべき、べきでないと判断していることと違うことが起きると、不快感が湧き上がってくる。

あらゆる条件付けから解放されるということは、これら起きてくる自動的な反応のことは無視して、その時自分がしたいと思った言動を取ることだと思う。

「自分は今どうしたいのか?」

「自分は今どうありたいのか?」

これらはとても大事な質問だなと感じた。自分の内外から聞こえる声、沸き起こる感情とは関係なく、今自分はどうしたいのだろう?今、自分はどうありたいのだろう?そうして導き出されたことを実行すること、またはしないこと、これは自由だろう。

パパベル〜イオンへ

9時半過ぎまでそんなことを考えていたが、それからは奥さんが朝ごはんにパンを買いたいというのでパパベルまで行くことにした。

近くのナツキとか、他のパン屋さんが休みだったからだ。

パパベル、あんまり好きなパンがないんよね。そんな中から3つも頑張って選んでお昼ごはんにした。

その後、奥さんが手芸店に行きたいというので近くの手芸店へいき、ご飯に鍋を作りたいというので、イオンで買い物をして帰ることにした。

イオンで買い物が終わった後、お昼ご飯にパンは買ったが、はるきのラーメンを食べたいというので、買ったパンは夜ご飯に回してラーメン食べて帰ることにした。が、お店が休みだった。第2、第4水曜日は休みのようだ。

他に特に食べたいものもなかったので、家に帰って予定通りパンを食べた。

自動車製造物責任相談センターはクソ

イオンにいるときに、昨日メールで相談を送っておいた自動車製造物責任相談センターから電話がかかってきた。

ガヤガヤして電話で話ができそうになかったので、後で折り返してもらうよう伝えておいた。

指定した時間に電話をくれたので、テスラの件を相談した。

結果クソだった。

ここのホームページにはメーカーや販売会社に対してどの程度要求できるかアドバイスしますと書かれている。確かに、それに対してはアドバイスがあった。「ディーラー、販売店に車についての説明責任が法的にはない。だから義務はない。マニュアルを見ていないあんたが悪い。販売員が虚偽の説明をしたというのは、あんたが証明する必要がある。だから、修理代を全額負担しろという主張は行き過ぎで、せいぜい一部負担してほしいと交渉できる程度だ。」と。

「的確な助言で解決に向けてサポートします」と書いてあるが、終始「マニュアル見てないあんたが悪いんだから、泣き寝入りしかないよね。気に入らないなら市役所の無料法律相談でも受けたら?」と言われた。

虚偽の説明をしたテスラは証拠がないからなんのお咎めもなしで、それを信じたほうが悪くて割りを喰らうってか。ものすごい怒りが湧いてきた。30分くらい体が熱ってた。

娘の転倒〜友人に愚痴る

用事で工務店に行っているときに、奥さんから連絡があり「娘がこけて頭打った。」と。血が出てたんこぶが出ている。ちょうど用事が終わったのもあり、家に帰ると元気そうだった。しかし、頭打ってるし明日祭日で病院休みやしということで、病院へ行こうということになった。

ただ、連れて行くのは結構しんどかった。だから奥さんにお願いした。最近、前よりもお願いできるようになってきた。

奥さんが病院へ行ってから少しして、友人から電話がかかってきた。

テスラの件を愚痴ると、「それは酷すぎるなぁ。」「ありえん。」と同意してくれた。その後、超保険の弁護士費用特約が使えるかもしれないからと案内してくれた。私も、もしかしたら使えるかもしれないなと思っていたけど、確認するのを忘れていた。

虚偽の説明をしたという証拠がないから、弁護士は受けてくれないかもしれないが、ダメ元で相談してみた。

無条件について再度考える

お風呂に入りながら、無条件について再度考えていた。無条件ということは、何をしていてもしていなくても、どんな状態でもということだ。

今までも、特定の場所に意識を向けたり、瞑想をしたりして、穏やかさとか心地よい感じを得たりしてきた。

しかし、無条件となるとそんなことをする必要はない。それらの行為はその心地よさを得るための条件になっている。

試しに「安らぎ」と言ってみると、それだけで安らぐことができた。無条件でそれを得られるから、どんな時でも得られるはずだ。

いや、得られるという表現が間違っているかもしれない。それはずっとそこにあるから、感じたいときにそれを感じられるというのが正確な表現かもしれない。

価格コムにテスラの件を書き込む

 

何を思ったのか「テスラ 最悪」で検索してみた。すると、私と同じようにカスタマーサービスのひどい対応について、価格コムのレビューに投稿している人がいた。

今回のテスラの件について、テスラのオーナー系youtuberの人に紹介してもらおうかと思っていたが、こんなところにも今回の件を知らせる方法があったわと思って、早速書き込んでみた。

たっぷり2,500文字書き込めたので、ギリギリまでしっかりとあった出来事について書いた。

2時間後、削除されてるかなと思ってみてみたが「5人の人が参考になった。」と言ってくれていた。これはありがたい。

私の今回の経験が他の人の役に立ってくれたらまだ救われるわ。まぁ、結局それで自分を救っているだけなんだろうけど。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。