なぜ、成功している人は一度どん底を見ている人が多いのか?

0H4A9625以前の私は成功を夢見て、その手の本をたくさん読みました。
いろんな成功している人の本や、成功エピソードを紹介しているものを読みましたが、成功している人にとても多い共通点があります。

それは、一度はどん底を見ているということです。

一度にっちもさっちもいかなくなって、そこから爆発的に成功している人が多いのです。

これはなぜか?その当時はずっと疑問だったんですが、最近答えがわかりました。

どん底を経験した後に爆発的に成功する要因は「バンザイ」です。

もうお手上げ、自分じゃどうにもならない、どうにでもなれと思ってバンザイした瞬間に突然上手く行きだすのです。

主導権を神様なり宇宙なり、大いなる意識なりに任せた後、上手くいきだします。

世の中に触れる「こうやれば成功できる!」という本はたくさんあり、その方法も様々です。でも、こういう類で紹介されている本に書かれていることは、その人が「バンザイ」した後にその人の身に起こったことが書かれているだけです。

なので、その方法を真似してもうまくいく人といかない人がいます。

どん底まで行くのは自分の頭で考えてあれこれやろうとしているからです。自分が心からやりたいことをやらずに、頭で損得を考えて動いているとうまくいかないのです。

目の前に現れている現実をコントロールしようとしている間はうまくいかないとも言えます。

成功している人は一度どん底を経験している人が多いからといって、成功するために一度どん底を経験する必要はありません。

始めから「バンザイ」していればいいのです。自分にできることは何もありませんとして、主導権を自分以外に渡してしまうといいです。

そうして、頭ではなく心から湧き上がってくる「やりたい」ことをやっていると成功します。

 
P.S ベッドの上でバンザイしたままなのは、ただのマグロですよ(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です