10.あなたに望まない決定、経験をさせるのは誰か?

あなたがあなたの人生という映画を作りながら経験している。そして、あなたはどんな経験をするか選ぶことができる。「そんなことはできない」「自分にはそんなことできるはずがない」「なんでも思い通りにいくはずがない」ということを信じて、その通りを経験することもできる。しかし、あなたはそんなことを望んでいるだろうか?

あなたが信じていることを経験する。何を信じるかで経験することが変わってくるということだ。そして、信じるというのは「これはこうだ」という考えのことを指す。

あなたは生まれてきてからこれまで、たくさんの「これはこうだ」をたくさんの人から聞いてきたはずだ。

産まれてからしばらくすると、「これがママ」「これがパパ」「これがあなた」ということを教わる。そうして、あなたは自分が○○という名前を持った身体であると信じるようになる。そして、自分の体の外にあるものは自分以外のものだと信じるようになる。

それ以外にも、たくさんの信念を持つようになる。子どものうちは親の言うことは半ば絶対で、親の言うことをそっくりそのまま信じるようになる。

誰しも、自分が信じていることしか人に教えることはできない。ということは、子供の頃に吸収するのは、親が持っている信念をそのまま吸収するということだ。様々なジャンルで親の信念をそのまま吸収するようになるが、ほとんどの家庭でお金に対しては後ろ向きな信念をそのまま吸収するようになる。

  • お金がないと何もできない
  • 欲しいものがあっても、やりたいことがあってもお金がなければ我慢しなければいけない
  • お金を使うことはよくないことだ
  • 借金は悪いことだ
  • 貯めておかなければいざという時に困る
  • お金を欲しがってはいけない
  • お金持ちは悪いことをする人だ
  • お金をたくさん稼ぐにはたくさん努力しなければいけない
  • 安定した職に就くことが幸せだ
  • お金のために人生を犠牲にする(お金がないから離婚できないなど)
  • お金はしっかり考えて使わなければいけない
  • ムダ遣いをしてはいけない
  • お小遣いの範囲を超えて使ってはいけない

などなど、たくさんあると思う。あなたも似たようなことを教えられてきただろう。

あなたの親がこういうことを言っていて、あなたが何の疑いもなくこれらの考えを採用したとすれば、あなたはそっくりそのままそれを経験するということだ。

例えば、「お金を貯めておかなければ困る」という考えを採用して、そういう信念を持ったとしよう。そうすると、常に貯金の額を気にするようになり、本当に欲しいものも買えなければ、常にビクビクするようになるだろう。貯金なんかなくても困ったりしない。貯金がなくなると困るという考えがそうさせているだけだ。

親があなたに言うことは「あなたのためを思って言ってる」という正当化が入っているから厄介だ。実際は親が信じているだけのことなのに、その考えは「自分のためにもなっている」という勘違いを発生させ、その考えを捨てづらくする。

あなたが上に挙げたような経験を望んでいるなら、親と同じようにお金で困って、常にお金にピリピリしたような経験を望んでいるなら、それはあなたのためになるだろう。しかし、そうでなければそんな考えはゴミにしかならない。

あなたは親以外にも、友人、教師、先輩、上司などからたくさんの考え、信念を受け取ってきただろう。それは、その人たちが信じていることに過ぎない。正解でも真実でも真理でもない。ただ、その人がその考えを採用しているということだ。あなたが、「その考え方はいい」と思うなら、あなたも採用すればいいだろう。しかし、あなたにとって望まないものであれば、捨ててしまえばいい。

あなたがどんな信念を持っているか、採用しているかはあなたが経験していることを見るとわかる。もしくは、ある出来事や状況、人、物に対して浮かんでくる反応的な思考を観察すればわかる。

例えば、あなたが使わないもの、使えないものを買ったとする。買ったまましばらく使われていないその物を見ると、あなたは一体どんな考えが浮かぶだろう?
「使わないものを買って、無駄遣いをしてしまった。」と思うだろうか。それならば、「使わないものを買うのは無駄だ。」という考えを持っている、信念を採用していることになる。そして「無駄遣いはよくない。やめなければ。」という考えが浮かんで、罪悪感を感じるなら、「無駄遣いはよくないことだ。」という考え、信念を採用していることになる。

あなたはどんな考えを持つか、信念を採用するかを選択できる立場にある。つまり、どんな経験をするかを選択できる立場にある。であれば、あなたが今持っている考えは、あなたが経験したいことだろうか?あなたは、あなたが経験したいと思うことを採用しているだろうか?

あなたはどんな経験をしたいだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です