この方法で、お金からも人間関係からも自由になれる

お金から自由になるというのは、あなたの決断をお金に左右されないことです。つまり
「お金のために働く」
「値段が高いから買わない、安いから買う」
「値段が安いから買わない、高いから買う」
「コスパがいいから買う、コスパが悪いから買わない」
という具合で、あなたの選択、決断がお金によって左右されている状態はお金から自由ではありません。

「自由」とは「自分に由る」ということです。
お金に左右されているのは「金由(きんゆう)」ですね。偶然の一致か、銀行や保険会社、証券会社などの業務を金融(きんゆう)と言いますね。男の人についてるのは金玉ですね。どうでもいいですけど。いや、金玉は大事です(笑)

お金から自由になれば、行動はあなたの「こうしたい」という気持ちで行うことができます。言ってみれば、「お金」という見返りを求めない状態とも言えます。

お金のことを気にしている場合の見返りは「たくさんのお金を得られる、失わずに済む」というものです。

見返りを求めなくなれば、もしかしたら得られるお金の量は減るかもしれませんし、失う額も多くなるかもしれませんが、あなた自身を満たすことができます。なぜなら、あなた自身が「こうしたい!」と思うことをやるからです。自由に振る舞っていて満たされていないなんてことはあり得ません。

お金という見返りを求めなくなれば、お金から自由になれます。
また、あなた自身を満たすならより多くのお金が得られるでしょう。お金はあなたを満たすためにある道具ですから。

これを人間関係にも当てはめてみましょう。

人間関係で自由じゃない状態は、あなたの決断を他人に左右されることです。
「あの人がこういうから」
「こんなことすると、この人に迷惑掛けるかもしれないから」
「これを言うと、嫌われるんじゃないか」
みたいな感じですね。
誰かのことを気にして、あなた自身がしたい、言いたいことができない状態は自由ではありません。

では、誰かのことを気にしている状態、あなたの決断を他人に左右されることでどんな見返りがあるでしょうか?それは、「嫌われないこと」「波風が立たないこと」です。

嫌われないことは他人からの承認とも言い換えられます。

しかし、実際この見返りは他人を優先することのリターン、あなたにとってプラスにはなりません。なぜなら、他人を優先することであなた自身を殺しているからです。あなた自身を殺していれば、自由ではありませんし幸せでもありませんね。せいぜいもらえるのは「あの人は都合のいい人ね。」という評価くらいです。

これらの見返りを求めくなれば、あなたは誰かに嫌われたり、誰かと衝突したり、つながりが無くなったりするかもしれません。しかし、あなた自身を犠牲にせずに済みます。あなたが「こうしたい」「こうしたくない」という選択ができるようになります。自由に振る舞っていて満たされていないなんてことはあり得ません。

他人からの承認という見返りを求めなくなれば、人間関係から自由になれます。ぶつかって離れていくような人なら、あなたにとって必要の無い人だったと割り切れるようになれば、人間関係から自由になれます。

自由とは、あなたが感じたように振る舞うことです。わがままとも言い換えられます。それに見返りは必要ありませんね?あなたが「やりたい!」と思ってやった後、何の見返りも無いからといって不満を覚えたりしますか?「したい」と感じることをする。これが目的です。

お金も他人のことも気にせず、「したい」と感じることをしてください。「したくない」と感じることは断ってください。あなたが感じたように振る舞ってください。それが自由です。

 

P.S 自然となんの見返りも求めなくなる、究極の自由の状態を経験する方法はこちら(8月3日まで半額)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です