金持ちはもっと金持ちに、貧乏はもっと貧乏になる理由

少し前によく「二極化」という言葉を聞きました。お金持ちはもっとお金持ちになって、貧乏人はもっと貧乏になり、中間層がいなくなるということです。

これは当たり前だと思います。なぜなら、人は自分が与えたものを受け取るようになっているからです。

お金持ちはお金をたくさん使います。お金を使うことで価値を受け取ります。価値を受け取るというか、お金を使うことではじめて世の中に新たな価値が生まれるのです。つまり、お金を使うことで価値や世の中の豊かさを産んでいるということになります。

ということは、お金を使う=富を産んでいる、与えているということになるので、豊かさや富を自分も受け取るということです。そうして、どんどんお金持ちはもっとお金持ちになっていきます。

一方貧乏人はお金を使おうとしません。一生懸命お金を守ろうとします。お金を使わないということは価値や富の創造をしませんから、それを受け取ることはできません。ということで、どんどん貧乏になっていくのです。

もう1つ、お金持ちは自分のことをお金持ちだと思っていますから、豊かな気持ちでいつもいます。豊かな気持ちでいる、つまり豊かさを与えるとそれを受け取ります。そのため、もっと豊かになるのです。

一方貧乏人は、自分のことを貧乏人だと思っていますから、貧しい気持ちでいつもいます。貧しい気持ちでいる、つまり貧しさを与えているのでそれを受け取ります。そのため、もっと貧乏になるのです。

では、貧乏人がお金持ちになるためにはどうすればいいか?それは、どんどんお金を使って豊かさを感じて与えることです。始めのうちは使えるお金は少ないかもしれません。

しかし、あなたが与えたものをあなたが受け取るようになります。豊かさを与えるなら、あなたもどんどん豊かになっていきます。そして、例え経済状況が貧乏そうに見えても、お金持ちのふりをしてお金持ちのマインドを持っていることです。

そうすれば、貧乏人は卒業できます。

1 Comment

本多 彩

コメントといいますか、よろしければ1つ教えて下さい。

私が「コレが欲しい!」と思って自分のお金を出して買った後、主人が「じゃぁ俺が出してあげるよ」と私にお金をくれたとしたら、それは自分にお金が返って来てくれたことになりますか?
貧乏だった私ですが、主人と結婚して貧乏ではなくなった、正確には貧乏を感じなくなりました。
でも主人は私が大金を使うたびに出してくれます…。
私はこれでいいのかどうかがわかりません…。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です