お金が無くなりそうなとき、実際には何を恐れているのか?

コメント欄に質問をいただいたので回答します。

こんにちは。いつもブログ楽しく拝見しています。

今現在、好きなことを存分に楽しんでます。洋服が大好きで、好きなブランド服など、欲しい物はお金を借りて全て手に入れています。仕事、プライベート、良いことばっかりでとても順調です。

しかし、お金だけが不安です。毎月支払えるお金はなんとか入ってきていますが、借金がそろそろ本気でマズイなと思う領域まで来ている感じです。万が一の状況が幾度と想像され、なんとも言えない吐き気がしてくる時もあります。

毎月なんとかなっているのだから、このまま突き進むべきか、充分味わったからこの辺りが潮時と止めるのか、悩んでいます。

ちなみに、嫁には借金のことは内緒にしています。私はどうすべきでしょうか?

なるほど。

なかなかエキサイティングな状況ですね。その状況、気持ちはとってもよく分かります。私も過去に何度となく吐きそうな状況を経験してきました。

どうすべきか?やることは2つです。

ひたすら吐きそうな気持ち、不安感を感じきってください。不安で吐きそうというのをダイレクトに経験してください。

何度も最悪の結末のイメージが出てくると思いますが、不安感が出てくるなら感じきってください。私もずっとそうやってきました。「もうダメだ・・・」と思えるような状況でも、なぜだか分かりませんがうまく解決してくれるというのも何度も経験しました。

しかし、最悪の結末が起こったわけではありません。今は何も起こっていないはずです。可能な限り今に在ってください。今に在り、なんとも言えない幸福感、安心感を感じましょう。

さて、お金が無くなりそうなとき、実際には何を恐れているのか?ですが、それはアイデンティティの消失です。

「私は○○だ。」が無くなることを恐れています。お金が無くなっても死ぬようなことはありません。お金が無くなっても生活保護を受ければ生きていけますし、公園でたくましく生きている人もたくさんいます。

では、お金が無くなるとどんなアイデンティティを消失するでしょうか?こういうものを失うのではないかと思います。

  • いい父親、いい母親、いい夫、いい妻
  • 良識のある人間
  • 成功者
  • ○○というブランド品を身につけている私
  • 自由に生きている私
  • ○○を持っている私
  • などなど

「私」を構成しているものが失われることに対する恐れが出てきます。あなたがあなたのことをあなたの身体だと思っていると、これらがなくなるのは恐ろしいはずです。

しかし、あなたはあなたの身体ではありません。あなたがドラクエをプレイしているとき、あなたは勇者でしょうか?違いますよね。勇者がダメージを受けたらあなたも痛いですか?勇者が死んだら一緒に死にますか?そんなことはありませんね。

あなたは勇者がダメージを受けたり死んだり、レベルが上がったりアイテムを手に入れたり武器や防具を買ったりするのを楽しんでいる人ですね。あなたの人生でも同じように楽しめば良いんです。鏡に映るあなたは本当のあなたではなく、あなたが作った映画、ドラマ、ゲームを楽しむためのツールです。

どんな出来事も「いい、悪い」の判断なく「経験」として楽しみましょう。

で、このままお金を使い続けるべきかやめるべきかですが、どちらでもいいと思います。使い続けてうまくいったらそれはそれでいいでしょうし、うまくいかなくてもやりたいことをやってそうなったんだから後悔はないんじゃないかと思います。辞めてうまくいってもいいでしょうし。

仮に私が明日無一文になって、持ち物を全部無くしたとしてもそこには感謝しか残りません。(実際そうなっていないので想像でしかありませんが)自分が「こうだ!」と思ってやってきたことですから、誰かのせいにもしませんし、この3年間にできた経験はかけがえのないものでした。その経験を失うことはあり得ませんから、明日全部無くなったとしても感謝するのみです。

1つ言えることは、やらない後悔よりもやる後悔のほうがいいと思います。

 

P.S ただ、性欲はあるのにインポになるというのだけは勘弁してもらいたいと思います(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です