高いところが怖いのと、お金に不安を感じるのは同じことが原因

「え〜、ここ昇るの?」
イヤな感じがしました。

といっても、1階の屋根の上なので高さで言えば3メートルくらいでしょうか?それでも、昇ると足の力が抜けます。

昨日、私が今建てている家の建前でした。
屋根の上に昇ってお酒を撒いたりするのですが、その時に屋根の上に昇る必要がありました。屋根と言ってもまだ瓦はできておらず、骨組みだけです。骨組みと骨組みの間に板を敷いていて、その上に立ちます。

足がガクブル!

何を隠そう、私は高いところがダメなのです。遊園地の中で一番ダメなアトラクションは観覧車です。落ちたら死ぬような高さの状態が何分間も続くなんて、ジェットコースターよりも絶叫マシンだと思います。写真は何年か前に観覧車に乗ったときのものです。怖すぎてプーさんに抱きつくという・・・

足がガクブルする中、屋根の上に昇るときに気づいたことがあります。何で高いところが怖いのか。

それは「落ちたときのことを考えるから」です。こんな高いところから落ちたら痛いしけがするよな〜、死ぬな〜!って考えてしまうから怖いんだなと思いました。今まさに落ちてケガをしてたり、死んだわけでもないのに。

そこで、先のことを考えるのをやめて「今何も起こっていない。心配するようなことは起こっていない。」と考えて今この瞬間に意識を持ってくることで、怖くなくなりました。

これはお金に対して感じる不安と同じです。「お金が無くなる。」「このままだったら破産する。」「破産したら親や兄弟に迷惑かけるかもしれん。」「最高にかっこわるい」「一生貧乏人として生活していかないといけないのか」などなど、考えてしまって不安になります。

しかし、これらはまだ起こっていないことです。まだ起こっていませんが、その時のことを考えてわざわざ頭の中でその経験をしてしまうので、不安感や気持ちの悪い感情を覚えてしまいます。

落ちたらどうしようと考えて、足がガクブルするのと同じですね。

これらの考え、まだ起こっていないことについて考えることは誰かに強制的にさせられているわけではありません。自分で選んでいます。そのことに気づけば、わざわざそんな思考を選ばないという選択ができるようになります。

「あ、わざわざ自分でこんな思考を選んでたわ。しんどいから変えよ。」そんな風に、考えることを切り替えることが出来ます。

考えるなら楽しいことか、今この瞬間に意識を集中していっそ思考を止めてしまうかです。

あなたが考えていることは、今まさに起こっていることですか?それとも、頭の中で起こしていることですか?また、それは体験したいことですか?そうじゃないですか?
P.S 「やべ!イキそう!」ってなったときは逆に今起こっていないことばかり考えて意識をそらしますけどね(笑)

P.P.S 今この瞬間を生きている感覚ってつかみにくいですが、こちらで練習できます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です