8年間使っていてやっと気づいたこと

「あれ、これっておかしいよな。。。」
そんなことに気づいた9年目の夏です。

簡単なこと過ぎて何で今まで気がつかなかったのか、
何で今までしんどいことをしてきたんだろうかと思ってしまいました。

なにかというと、お風呂のシャワーのことです。

我が家のお風呂についているシャワーは普通のシャワーです。
シャワーを引っかけるところ(シャワースタンド?)があってシャワーを固定できるようになっています。固定できるところの高さを変えれば、シャワーの高さも変わります。

私がシャワーの高さを固定するやつ(シャワースタンド)に設定していた高さは、なぜか以上に低く、頭からシャワーを浴びようとすると、腰を折り曲げてかなり前屈みにならないといけませんでした。

そのたび「腰が痛いな〜」とか「しんどいな〜」と思っていたのです。
でも、気づいてしまったんです。シャワーをシャワースタンドから外して、頭からシャワーを浴びればよかったんだと。なんと、そんなことに8年も気づかず、ずっと前屈みでお湯をかぶっていました。

本来、自分の背丈などに合わせて快適にシャワーを浴びるはずが、シャワーに自分を合わせることで窮屈なシャワータイムになっていました。

なんと愚かな…

シャワーは自分の身体や頭を洗うための道具です。道具は持ち主がやりたいことを実現させる、または実現を効率化したり便利にしたりするためにあります。

そして、お金も道具です。お金はお金の持ち主であるあなたが、お金の代わりに何かの商品やサービスと交換し、やりたいことを実現するため、欲しいものを手に入れるために存在しています。それ以外の理由では存在していません。

あなたがお金を使って、あなたの欲求を満たす、生活を豊かにするべきなのです。しかし、実際はどうでしょうか?あなたも私がやっていたシャワーの使い方と同じように、お金に合わせた生き方をしていないでしょうか?

与えられている、もしくはこれから与えられるであろうと推測するお金の金額の範囲で生きようとしていませんか?もしそうなら、あなたとお金、どちらが主人でしょう?

お金は道具であり、主人はあなたです。お金にあなたの人生を合わせるのではなく、あなたの人生にお金を合わせてください。欲しいものがあれば金額を気にせず買う。やりたいことがあれば金額を気にせずやるということです。
P.S お風呂の湯船の中で射精すると、なんとも言えない感じになりますよね(笑)

1件のフィードバック

  1. 300件目の記事ですよね?
    おめでとうございます^ ^

    いつも分かりやすく身近な内容なので、自分にも当てはめやすいです。
    本を読んだり、セミナーに参加したり、少し非日常を設けるのも好きなんですけど、じゃあその学びをどう日常で活かすかという部分でよくつまずくので、中川さんのブログを読むととても参考にしやすくて助かっています。

    方位磁針みたいです。
    いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。