6.お金を使い切っても自然に入ってくるのを体験する方法

お金を使うことは、あなたも誰かも喜ばせることだ。あなたがお金を使えば使うほど、おお金という喜びのバトンは回っていき、世界に喜びを広げていく。

しかし、そうは言っても使って使って使いまくったら、お金がなくなってしまって何もできなくなるのではないか?と思うだろう。その気持ちはよくわかる。なぜなら、誰しも「お金は使ったら無くなるものだ」という教育を受けるからだ。

お金は使ったら無くなるものだと信じていたらそうなる。しかし、実際はそうではない。
使えば使うほど増えて返ってくるし、使ってもなくならない。
それを今から体験する方法を紹介する。

と言っても、今すぐ全財産を使えということではない。もちろんそうしてもらっても構わないが、かなり勇気が必要だろう。だから、お金を使わずにそれを経験する方法を紹介する。

具体的な方法とは、呼吸だ。普通の、普段あなたが意識せずにやっている呼吸ではない。手順を説明するので、その通りにやってみてもらいたい。

【お金を使い切っても自然に入ってくるのを体験する呼吸法手順】

  1. 口からでも鼻からでもいいので、「もう死ぬ!」というところまで息を吐き続ける

手順は以上だ。早速やってみてほしい。息を吸ってからするのではなく、吸わずに、今肺に入っている空気の量で吐き出してみてほしい。

どうだろうか?「もう死ぬ!」というところまで息を吐き続けたらどうなっただろう?あなたは死んだだろうか?そんなことはなかったはずだ。きっと、あなたが何もしなくても、自然と体に空気が入ってきただろう。それも、吐き出す前よりも多く入ってこなかっただろうか?

お金もこれと同じだ。使い切っても、また自然と入ってくる。なぜなら、お金は空気のようなものだからだ。必要な分だけ入ってくるようになっている。

それに、空気もお金も姿形が違って見えるだけで元はエネルギーという同じものでできている。空気やお金だけではなく、あなたが見たり聞いたり触れたりするものは全部エネルギーでできている。宇宙はエネルギーでできているということだ。

そして、宇宙に「不足」という状態は存在しない。「ない」というのは幻想だからだ。これについて詳しくは後述する。お金も空気もエネルギーだから、必要とする分が満たされる。自然にだ。あなたが何かをする必要はない。と言っても、ベッドで寝て何もしなくていいということではない。何かやりたくなったことを自然にやれば、あなたに必要なお金は満たされるようになる。

余談だが、この呼吸法は定期的に実践するといい。ほとんどの人の呼吸は浅く、深い呼吸をすることで新陳代謝が上がって健康にもいいらしい。

呼吸のことを調べてみると、ほとんどの人は「吸う」ことばかりを考えていて「吐く」ことを考えないらしい。しかし、「呼吸」という言葉が物語るように、「呼」つまり、吐くことが先で、吸うことは後だ。

吸わないと死ぬと思うから吸うことばかり考えるんだろう。しかし、先ほど息を吐ききって体験してもらったように、吸うことばかり考えてやっていたところで勝手に吸う動作に入って空気を吸うことができる。

これをお金に置き換えてみよう。ほとんどの人は「得ること」「蓄えておくこと」ばかり考えている。これは、そうしないと死んでしまうと考えたり、社会的に死んでしまう、自分の価値がなくなってしまう、母親に愛されなくなると考えたりするからそう考えるんだろう。

「吐くこと」つまりお金を使うことばかり考えている人はほとんどいない。そんなことをすれば「浪費家」「金遣いが荒い」「アホだ」と言われて非難される。しかし、よく考えて見てほしい。「使う」ということは「ある」ことが前提になっていないだろうか?

「ある」から「使う」ことを考えるのである。「こんなことがしたい」「あんなものが欲しい」と考えている時は楽しいだろう。引き寄せの法則的に言えば、それらはいい循環をもたらす。そして「ある」が前提になっているなら、何をどうやっても「ある」ようになっていく。

一方、「得ること」「蓄えること」ばかり考えているのは、何が前提になっているだろう?その前提通りになるとすれば、それはあなたが望んでいる経験だろうか?

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。