20万円損した愚かな私と救いの神の物語

「あ”〜〜〜!イライラする!」
「次録画できていなかったら画面割る!」
「この、クッッソキチガイ!」
これらはすべて、私がテレビに浴びせた言葉達です。

今年の1月か2月、忘れましたがテレビを買い換えたんです。
今まで使っていたテレビは家を買った時についていた日立のプラズマテレビでした。画質は綺麗だったんですが、テレビをつけているとまるでそこにストーブを置いているのか?というくらいの熱を出してくれます。つまり、暑い!のです。

そこで、テレビを買い換えることにしました。
その時、私は欲しいテレビがありました。普段聞いているスピーカーと同じメーカーのテレビです。
そのテレビが欲しかったんですが、金額が200万円するのです。
時期的に、「税金の支払いがどれくらいになるかわからないな〜・・・」ということを考えてしまっていました。
「200万もするテレビ買って、税金払えなくなったらどうしよう。」などと考えて尻込みしてしまったんです。
そこで、近所のヤマダ電機に行ってテレビを買うことにしました。

テレビでそのままフールーとかU-NEXTなどの動画見放題サイトを利用できる、Android搭載と謳っているソニーのブラビアを買うことにしました。
テレビでそのままガキの使いとドラゴンボールを予約できるように外付けHDDも買いました。

初めは快適に使えていたんです。
でも、2ヶ月くらいしてから、「なんか重いな(動作が遅い)」というのが気になり出しました。そこはテレビを再起動する(これでもかなりめんどくさい)などで対応していましたが、事件が起きてしまったのです。

それは私が東京での仕事を終えて家に帰ってきた時です。
録画したドラゴンボールを見ようと楽しみにしていたのに、「録画用HDDを認識できません。HDDを調べてください。」のエラーが出ていて、録画できていませんでした。

HDDを調べましたが、何の異常もありません。
この時は「まぁ、1回くらい飛ばしてもいいか。」と思えましたが、それが2度、3度と続くのです。
その度に「HDDを調べてください。」

「異常なんはお前じゃ〜!!!!」と、テレビ相手に真剣に喧嘩をしていました。
そんなこんなで我慢の限界が近づいた時に救いの神が現れたのです。
スクリーンショット 2016-07-09 11.27.37

なんと、私が欲しかったテレビを20万円割引で購入できるというのです。
「よっしゃ!これでこのアホテレビ買った分チャラにできる!」とすぐに購入を決めました。

先日設置してもらいましたが、とても快適に使えています。

今回はたまたま救いの神が現れてアホテレビに使ったお金は元に戻ってきました。
しかし、本当に欲しいと思っているもの、気に入ったものを買わないと、イライラしたりお金を損したりするんだなと、またまたまたまたまた改めて認識しました。

私のように「でも、今〇〇を買ってしまったら、後で××になったらどうしよう・・・」という不安が出てきたら、「別にそうなっても構わない。そうなってもいいから私は自分の気に入ったものを買うんだ。」と思いましょう。

お金のことは気にせず、欲しいもの、気に入ったものを買いましょう。そうじゃないと、私みたいな目にあいますよ(笑)

 

P.S でも、イキたい時にイッてしまうと「自分ばっかり!」と非難されますよ。そこは我慢です(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。