100%の自由を手に入れるために必要なこと

自由と責任は表裏一体です。

ということは、あなたの人生に100%責任を取ったときだけあなたは100%自由になれます。

100%責任を取るとは、具体的にはこうです。

「見るもの聞こえるもの感じるもの全て、私が起こしている」

この態度をとり続けることです。

旦那がケチなのも、奥さんがケータイをチェックするのも、夏が暑いのも地震が起こるのも、何処かで誰かが殺されるのも、芸能人が不倫して叩かれているのも全部私が起こしているという態度を持つことです。

もちろん、登場人物としてのあなたではありません。登場人物としてのあなたは経験する主体ではなく対象ですから、どっちかというと創られた方です。なので、登場人物としてのあなたがそういう容姿なのも、肩がこっているのも心配性なのも、お金が無くて困っているのも、全部私が起こしているということです。

私というのは、映画の作者としてのあなたです。

「あ、これを経験したくてこれを起こしたんだな。」という立場を取ってください。登場人物の立場からすると「なんで俺がこんな目に遭わなければいけないんだ!」「あいつが悪い!あいつのせいだ!○○のせいだ!」という犠牲者の立場を抜けることはとても難しいです。

ではなぜ、100%責任を取ることが自由に繋がるのでしょうか?

それは、あなたが何かを誰かのせいにしたとき、それを経験するかどうかは他人の裁量に左右されてしまうからです。自由とは自分に由ることなので、他人の裁量に左右される時点で自由ではありません。

例えば、旦那がケチでウンザリしているとしましょう。その結果、あなたが欲しい物を我慢することになっているとします。このとき、あなたは「旦那がケチだから私があれこれ我慢するハメになってしまう!」と思っているとしますね。この状態だと、あなたが欲しいものを買えるかどうかは旦那さんの考えや気分に左右されてしまいます。あなた自身で変えることが出来ないということです。

でも、これを「旦那がケチなのも私が起こしている。」という立場を取ればどうでしょうか?自分でやっているなら変えることが可能ではないですか?旦那をケチにしている考えや態度を見つけて、それをやめればいいだけの話です。

なので、あなたが経験することは小さいと思えることも大きいと思えることも、登場人物としてのあなたに関係があることでも無いことでも「全て私が起こしているんだ。」という立場を取ること、責任を取ることが自由に繋がります。

言ってしまうと、何かのせいにした瞬間あなたは自分の人生からパワーを失ってしまうということです。これは、マネーゲームから脱出する法に書かれていた「力を取り戻す!」ということと同じだと思います。

「これも私が起こしたことなのかもしれない。」そう思って見てください。

なぜこれを起こしたのか?それに理由はありません。やりたいからやった、経験したいから以上の理由はありません。

なら、起こったことを充分に楽しむことです。その状況、出来事を味わい尽くしてください。すると、同じ事を何度も経験するのは飽きますから違うステージへ行くでしょう。

常に作者、観客目線でいることを心がけてください。

「全て私が起こしている。」

「全ては楽しむために起こっている。」

P.S チンコの皮が伸びるのはオナニーのせいですが、それも私が起こしているのです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。