頭の中のベストセラー作家を黙らせろ!

今度、あなたが何か不安を感じるような出来事に出くわしたときに、頭の中でどんな声が聞こえるのか注目してみましょう。

すると、ものすごいストーリー展開が繰り広げられるはずです。放っておいたら「みんなが私の命を狙っている!」というようなところまでいくと思います。それだけではなく「だまされている!」「仲間はずれにされている!」とか。

きっかけは本当に些細なことなのに、そこから始まって物語がどんどん展開していき、上に書いたような結末を迎えます。

思ったまま紙に書き出してストーリーを作るとベストセラー作家も顔負けのストーリーができあがると思います。

頭の中でストーリーが完結して終わるなら何も問題ありません。問題なのは、そのありもしないストーリーを信じてしまい、実際の行動に影響を与えてしまうことです。

たとえば、「私はママ友からだまされている!」というストーリーを採用してしまい、そんなことは一切無いのにそのママ友に冷たくしてみたり、一方的に付き合いをやめてしまったりというような行動を取るということです。

お金にしてもそうですね。「このままでは破産する!」なんてストーリーを採用するから、「好きにお金を使うなんてとんでもない!」という行動を取ってしまいます。今破産しているわけでもないのに、、、です。

あなたが、町中で一人ブツブツしゃべっている人を見かけたら「あの人キチガイかしら?」と思うでしょう。でも、実際に口に出しているか頭の中で繰り広げられているかの違いで、あなたも頭の中で「ああでもない、こうでもない」とブツブツ言っていませんか?

その声に影響されたり、言うとおりにしてしまっても何のいいこともありません。黙らせるか、その声の言うことはスルーしておきましょう。

黙らせる方法はたったひとつです。それは「今を生きること」です。先のことも過ぎたことも考えずに、今この瞬間を生きます。そうすることで、頭の中でぶつくさありもしないことを散々言った挙げ句、不安を発生させたり、怒らせたりする声が止みます。

過去も未来も存在していません。ありもしないものに目を向けるのではなく、今目の前に展開している現実をしっかりと見るようにしましょう。そうしていれば、頭の中であれこれ考えていたよりもはるかにスムーズに人生が運ぶようになりますよ。

 
P.S こんなことを思ったのは私もお姉ちゃんに「だまされてるんじゃないか!」と妄想を繰り広げて、痛い目を見たからです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。