預金残高を見て目を疑いました。その理由とは?

「引き出し限度額を超えています。」
というメッセージを見たとき、「え?」と驚きました。

税金などを払うため、ATMで50万円引き出し、銀行の窓口で支払いました。
そのついでに振り込みもしようと思って窓口で依頼したんですが、「ATMで振り込みしてもらった方が手数料が安くで良いですよ〜。」という窓口のお姉さんの「私めんどくさいからATMでやれや。」というやんわりとした断りを受けたので、振り込みはATMでやることにしました。

振込先や金額を入力した後、「引き出し限度額を超えています。」というメッセージが出てきました。
「引き出し限度額が超えている・・・さっき50万円引き出したからかな。」それとも「残高がもうないのか?」

私は預金残高がいくらあるかとか、収入がいくらかとかその月にいくら使ったかなど管理していません。だいたいこんなもんかな〜と思っているくらいです。

そんなもんで、残高がもうないということもありえないことはないのです。
「ついにこのときが来たか・・・」そんな思いを抱きながら残高照会をしてみました。

カードをATMへ入れ、暗証番号を入力し、表示される預金残高を見て私は自分の目を疑いました。

表示されている数字は、私が「こんなものかな」と思っている数字よりも遙かに多い数字だったのです。計算間違いをしているのかな?とも思いましたが、私も以前は真面目なFPをやっていたので(笑)そんなに派手な計算間違いはしないと思います。

おそらく通帳記帳すれば、なぜその残高になっているのか説明できるものが見つかると思います。でも、私は理由探しなどはしませんでした。「今こうなっているんだからそうなんだろう。」それで終わりです。

過去と今、そして今と未来を関連付ける必要はありません。過去こうだから、今もこうで将来もこうだろうと思っていればそうなります。過去と今、今と未来、そして過去と未来もつながっていません。すべては今この瞬間にどんな選択をするかにかかっています。その選択とは、何をするか?ではありません。行動のことでは無く、今この瞬間自分の世界にどんな属性を設定するか?ということです。

今あなたが「自分は惨めだ。」「不幸だ。」という属性を設定するなら、そう設定している間中そうなります。今あなたが「自分は豊かだ。」「完璧だ。」という属性を設定するならそうなります。

残高が思ったよりも多い現実へパラレルシフトしたのかもしれません。パラレルシフトするのも、自分の世界の設定を変更するのも「今に在る」状態でのみ可能になります。

積極的に今に在ることを選択してください。今に在ることを職業にしてもいいと思います。

 

P.S あなたが今に在ることが十分出来ているなら、そのまま続けてください。それより重要なことはありません。もし、今に在る感覚がよくわからなかったり、あまり続かなかったりする場合はセミナーでやり方をお伝えしたいと思います。

P.P.S 「私は早漏だ。」という設定はいつまでも変わりません(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。