順序逆転の法則(半年後はやってこない理由)

-shared-img-thumb-MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V

「もうちょっと待ってくれ・・・」

「あと半年したら楽になるから・・・」

「来年の4月には大丈夫・・・」

そう奥さんに何度も何度も言っていた時期がありました。なにかって、働く時間を減らして家族と過ごし時間を増やす約束のことです。

その当時私は休んでも週1日、その休みも仕事の電話が入ってくることもあれば、急な対応が必要なことがありました。完全に休みという日は皆無でした。

そんなもんで、家族サービスはほとんどしませんし、旅行にも全然行けませんでした。なので、奥さんからずっと「もう少し休み増やせんの?」と言われていたんです。そう言われるたびに、上に書いたような「あと半年位したら楽になるから、週2日くらい休めると思う・・・」ということをずっと言っていました。

なぜ半年なのかですが、私の中では「一生懸命書いているブログにたくさんアクセスが集まるようになるはずだ。そうすれば、休みを増やしてもブログからの問い合わせが増えるから大丈夫だろう。」と思っていたわけです。

しかし、悲しいことにいくら頑張ってブログを更新しても、いろいろやってみてもうまくいきませんでした。「あと半年したら」「来年の4月には」という約束の期日が迫ります。でも、休みを増やしても大丈夫な状況にはなりません。

奥さんに言われます。

「もうすぐ約束の4月やけど、休み増やせそう?」

奥さんにそんな気がないのはわかりますが、すごく責められている気がします。約束を守れない。でも、休みを増やしたら収入がぐっと減るんじゃないか。そうなると困る。でも、「もう半年待ってくれ」といって奥さんをがっかりさせる(というよりキレられるのがこわい)のもイヤだ・・・

そこで私がとった行動は、他の記事にも書いていますが全部投げ出してやめることです。お金のためにやっていた仕事、減らしたら、やめたら収入が減るだろうと思ってやっていた仕事を全部ほっぽり出してやめました。休みは週2日どころか週7日です。毎日休みのプー太郎状態になりました。

するとどうでしょう。初めのうちはもちろん収入は減りましたが、その後、あくせく働いて「あと半年したら・・・」と言っていたときよりも大幅に増えました。それに加えて自由な時間、それからイヤなことをやらなくていいという精神的な自由も手に入れました。

私があの期限が迫った4月近く、まだ歯を食いしばってイヤな仕事、やりたくない仕事を頑張ってやっていたなら、未だに休みは週2日になっておらず、週1日の休みもままならない状況が続いていたでしょう。

仕事が忙しい経営者、自営業者、歩合給で働いている人などは、よく家族に「あと半年したら楽になるから・・・」と言っています。でも、その半年が経って楽になった人を私はほとんど知りません。

「仕事がうまく回り出したら休めるようになる」と思っているからです。

これは順番が逆なんです。

「休む、楽をすれば仕事がうまく回り出す」が正解です。先に勇気を出して仕事を休む、やめて休めばいいんです。先に楽をするのが正解です。そうすれば、他のこともうまく回り出します。

お金にしてもそうです。

「お金が入ってきたらあれを買おう」と思っていますが、これも順番が逆です。

先に「あれを買う」と決めるからそれに必要なお金が手に入るようになるのです。

仕事が忙しくて休めないなら、仕事が片付く前に先に休みましょう。

お金が貯まってから何か買おうとしているなら、先に買いましょう。少なくとも買おうとしてみましょう。

何かを達成することで得られる(得る許可を出せる)という思い込みを捨てることです。

私もたくさん経験しましたが、今まで思っていたことと逆のことがたくさんあります。

もしあなたが何かやっていてうまくいっていないなら、思い切って反対のことをしてみるとうまくいくかもしれませんよ。

P.S AVのように激しくせめても女性はあまり喜びませんが、反対にゆっくり時間をかけてせめると、ものすごく気持ちよさそうですよね(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。