銭ゲバの夫をどうすればいいのか?

小さい頃から家庭の事情などでお金の苦労をしてきたという人は結構多いと思います。私もその1人です。

私自身もそうでしたが、お金の苦労を経験してきた人の特徴として必要以上にお金を守りたがる傾向があると思います。悪く言うとお金に対してすごく執着しているということですね。
お金で苦労をしてきたことは、お金が無くてイヤな思いをしてきたということなので、「お金が無くなるというとまたあのしんどかった時期に戻ってしまうぅぅぅぅ!」と思い込んでしまうがあまり、お金を守ろうとしてしまうんですね。

こういう銭ゲバな人が夫や妻だと相手は大変だと思います。

なぜなら、その人の頭の中はいかにお金を使わず守るかということでいっぱいだからです。買うかどうかの基準は安いか高いかだけで、安ければ買う、高ければ買いません。欲しいものややりたいことがあっても、お金を守るために我慢します。1人で生きている、もしくは自分の小遣いを使う時にだけこの考え方を採用するならまだいいのですが、厄介なことはそれを人にまで強要することにあります。

妻や夫がお金を使っているのを見て文句を言ったりしてきます。「どうしてそんなものにお金を使うんだ!」という風に。例えそれが使った本人が稼いできたお金であったとしてもです。

言われた方からすると「なんでおまえにそんなこと言われなあかんのや!」という感じでしょう。

私自身も銭ゲバ歴が何年かあるのでそういう人の気持ちはよくわかります。と同時に、自分の奥さんに対してなんて最悪なことをしてきたんだと反省しています。

もし、あなた自身が「私銭ゲバかも?」と思うなら一刻も早くお金を守ろうとすることをやめた方がいいです。確かにお金を守ろうとすることでお金は残るでしょう。しかし、そうしている間中ずっと人生で損をしているのです。やりたいことや欲しいものまで我慢して、最終的には押し殺してやりたいことや欲しいものなんて何もない状態になってしまい、腐った死体のようになるでしょう。

↓こんな感じね。
img_0

やりたいこともやらずに欲しいものも手に入れずに、ただひたすらお金を守るなんて何のために生きているのかよくわからないです。それはもう完全に腐った死体だと思います。

そしてもっと最悪なのが、執着しているものは引き寄せないということです。お金に執着しているがあまりお金を引き寄せず、ずっとお金に対する不安が消えません。そして、執着がもっと強くなって、もっと不安が強くなるという最悪の無限ループです。

どこかでお金に対する執着を断ち切り、最悪の無限ループを終わらせる必要があります。

ここで重要なのは、親がお金で苦労したからといってあなたもお金で苦労するとは限らないし、そんなことは何の関係も無いということを理解することです。あなたの人生はあなたの思い、そして行動によって作られていきます。ということは、あなた自身がお金で苦労するような思いや行動を取らなければお金で苦労することはないのです。

親がお金で苦労している家庭で育つと、かならず「お金が無い」という言葉をよく聞いているでしょう。それが頭の中にこびりついていて、お金が無い状態が当たり前になってしまっているんですね。いくら収入があっても貯金があったとしても「お金が無い」と思ってしまっています。

なので、お金が無いのは思い込みであるということも理解する必要があります。

あなた自身が銭ゲバ状態であれば、あなた自身が変わればいいのでまだ良いと思います。
しかし、問題はあなたの夫や妻が銭ゲバ状態の場合です。これは厄介ですね。なぜなら自分以外の人間を変えることは不可能だからです。

この場合の選択肢は3つだと思います。
1つめは自分が選んだ夫や妻だからということであきらめる。
2つめは銭ゲバ状態を卒業してもらえるよう話し合いをする
3つめは財布を別にして、あなたが使うお金や家族で必要なお金は全部あなたが稼ぎ、管理する。そして銭ゲバ状態の相手にお金を管理させない、管理する権限は自分で稼いだお金だけにする。

個人的には2つめの話し合いをまずやってみて、改善の期間をある程度与えて改善しないようであれば3つめに移行する、もしくはいっそのこと離婚してしまった方がいいと思います。

銭ゲバの「お金が無くなるぅぅぅぅぅぅ!」という無意味な妄想のためにあなたや子どもの人生まで台無しにしてしまうことはありません。
お金を使わずに守ろうとするなんて愚か者のすることですから。

 
まぁ、お金なんてザーメンと一緒ですよ。出さないと(使わないと)欲しくても子どもできないじゃ無いですか(やりたいこともできないし欲しいものも手に入らない)
そして、いくら出してもまた復活するでしょう?(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。