誰しも本当は自分のことしか考えてない

誰しも本当は自分のことしか考えてない

なんかふと、どんな言動も結局は自分のことを考えてしてることなんだろうなっていうことに気づきました。どういうことでしょうか?
一般的に、誰かに喜んでもらうことや、誰かに優しくすることは「相手のことを思って」する行動だと言われます。しかし、それも意識的か無意識的は別にして自分にメリットがあると思ったからそうしているのです。

例えば、誰かのお願いを聞くとしましょう。あなたは誰かに頼まれごとをして、それを引き受けました。表面的に見ると、あなたはその誰かのために行動したように見えますね。しかし、その裏であなたは自分のメリットについてちゃんと判断しているのです。

こういう場合あなたのメリットとしてはこういうのがあります。「嫌われない」「次何か頼みやすくなる」「喜ぶ顔を見たら嬉しい」他にもあるかもしれませんが、パッと思いつくところはこんなところですね。
だから、一見相手のことを思っての行動だったとしても、結局はそこになんらかのメリットを感じるからするということです。

ここで考えたいのは、そのメリットって本当に必要なの?っていうことです。
例で挙げた「嫌われない」っていうメリットを考えてみましょう。言い換えると「愛される」ということですね。その行動をとることで愛されるというメリットがあるからこそ、嫌だと思っても感じても引き受けてしまうわけです。自分の素直な気持ちよりも「愛される」というメリットを優先するわけです。

これ、前提は「愛されない」という前提になってますよね。愛されない前提だから、愛されるために何かする必要があるということです。

もう一つ「次何か頼みやすくなる」っていうメリットについても考えてみましょう。言い換えると「何かしないと頼みづらい」ということです。これは、前提が「何かをもらうためには何かを提供する必要がある」となっています。なので、自分が何もしていないのに、条件を満たしていないのに何かを受け取ってはいけないと信じているので、相手に今度何か頼みごとをするために、嫌だと思うことも引き受けてしまうわけです。

これら2つメリットですが、前提が変わっても同じ行動をとるでしょうか?
「愛されない」から「愛される」ために嫌だと感じていても行動してしまう。「何かしないと何もしてくれない」から「してもらう」ために嫌だと感じていても行動してしまう。
前提が「愛される」と「無条件にしてもらえる」に変わると、その行動をとる必要はありますか?

前提が「愛される」なら、あなたが何かしようがしまいが「愛される」のですから、嫌だと感じていることをする必要はありませんよね。
前提が「無条件にしてもらえる、満たされる」なら、あなたが何かしようがしまいが「満たされる」のですから、嫌だと感じていることをする必要はありませんよね。
頼まれごとを断ったから頼みづらいとか考えなくていいわけです。逆に、あなたの頼みごとを聞いてもらったから、嫌だと感じていても聞かないといけないわけではありません。
どこまでも、あなたが「したいかどうか」で選べばいいんです。

最後のメリット「喜ぶ顔を見たら嬉しいから」は一見いいように見えますが、結局「何かしないと喜んでもらえない」という前提があると思います。何もしなくてもいい、いるだけでいいなら、嫌なことをわざわざ引き受ける必要はありませんね。そんなことしなくても、あなたがやりたいことで他の人を喜ばせることができて、それがあなたの喜びにも繋がるんですから。

ということでまとめると、嫌なことを引き受けてまでやるメリットはないということですね。それをやっているということは、どこか前提があなたにとって望ましいものじゃないんだと思います。

あなたが何か誰かのためと思える行動をとるとき、「これは私にどんなメリットがあるだろう?」と自問してみてください。ただやりたい、してあげたいと思うこと以外でやろうとしてるなら、望まない前提が見つかるかもしれませんね。

P.S クンニしたいからしています(笑)

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です