計画を立てることが人生に苦しみをもたらす理由

この計画っていうのはクセもんですね。

やらないほうがいいですよ。

計画通りにいく事なんてまずないですし、それをするから「計画通りにいかない!」って苦しむことになるんですよね。

で、計画って言うと比較的長いスパンの話だと思いますよね?

ライフプランみたいな数十年先までの(意味の無い)計画もありますし、5カ年計画とか、10年計画とか、1ヶ月、1週間、1日の計画と、割と長い時間の先のことを考えることを計画と言いますね。

でも、結構短いスパンでも計画立ててると思うんですよね。

例えば、朝起きて8時までには家を出る。とか。8時までに間に合わせるために動くのはいいですけど、間に合わなかったり、子どもが中々準備しなかったらイライラしたりしますよね。それも、8時までに出ると計画しているのに、計画通りにいかないからイライラしてますよね。そもそも計画しなければイライラしたでしょうか?

8時まで出れたらいいけど、出れなくてもまぁいいかと思ってたら、子どもにイライラして怒って、お互い嫌な思いすることもないですよね。

「でも、8時に家を出ないと、レゴランドに到着する頃には11時を過ぎるから入場するのにめちゃ並ぶことになってしまう!」みたいな反論もあると思います。

気持ちは分かりますが、8時に家を出たところで計画通りの時間に着くとは限りませんよね。どこかで事故渋滞が起きてるかもしれません。もしそうなったら「こんなことならもっとゆっくり準備しても良かった。慌てたからパンツはいてくるの忘れたし。」みたいなことにもなりません。

逆に、8時を過ぎててもすいすい進んで予定より早く着くことだってありますよね。じゃあ、8時に家を出ることなんてどうでもよくて、時間通りに目的地に着くことが大事ですよね。もっというと、時間通りに目的地に着くことすらどうでもよくて、その旅行自体を楽しめればいいですよね。出る前からピリピリしてたら、楽しみ半減すると思いませんか?

一秒先の計画も立てない。「こうなっているはずだ。」とか「こんなことは起こらないだろう。」という計画というか期待とも言えますね。それを持たなければ「なんでこうなってないんだ!」とか「なんでこんなことが起こるんだ!」とストレスを感じたり、苦しんだりすることもありません。

あなたが描いた計画、期待、理想と、目の前で起こっていることもしくは起こっていないことの「差」を見て、イライラしたり苦しんだり腹を立てたりしているだけです。初めから「差」を作らなければそんなことは起こりません。

ただ、今この瞬間に起こっていることを経験していく。計画や期待を手放して、起こることに身を委ねてみましょう。苦しみは終わりです。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. 計画通りに行かないとイライラするのわかります!

    つい昨日、午前中から出かける計画を立てていたのですが子供がグズグズしてて出かけられずイライラしてしまい、出かけるのを中止にする判断をしました。

    イライラを感じ切ってどうでもよくなった頃、夫がやっぱり出かけようといい目的地へ。
    満車ですと言われた直後に一台分空いて駐車場にすんなり入場でき、事前予約していないのに体験教室に申し込みができました。ここまででもラッキーだったのですが、さらに別の場所で行われてたイベントにもすんなり参加できました。

    計画通りにできないイライラは何だったのかと思いました(⌒-⌒; )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。