見返りを求めることが全てを狂わせる

見返りっていうと、何かをした結果として得られるものですね。何かをしたの「何か」は手段な訳です。

例えば、お金を稼ぐために働いたというと、働くことはお金を得るための手段になります。そして、目的はお金を得ることです。

これは悪いことではありません。しかし、あなたが自由を望むならやめた方が良いでしょう。

なぜなら、いつでも見返りによって行動が左右されてしまうからです。お金をもらうために働くというなら、お金をもらえないならその行為はしないということですよね?あなたの行動がお金によって左右されます。これは自由ではありません。

自由とは、自分に由ることです。

見返りを求めないことです。それには2つあります。まずは、見返りを求めなくてもいい、見返りがなくてもやりたいって感じることをやることです。

やりたいことをやるのに見返りなんか必要ありませんよね?例えば、あなたがキャンプが好きだとします。キャンプをするのに見返りは必要ですか?キャンプすることが好きで、それ自体が目的ですよね?

純粋に、あなたがやりたい、楽しいと感じることをやることです。そうしているとき、自然と見返りは求めません。

見返りを求めないということは、それについては考えないので満たされているということですね。見返りにお金を求めるということは、お金を得る必要があると思っているということは、お金が不足しているということなので、それが現れていきます。

ということで、やりたいと感じること、楽しいと感じることをやっていると、その他のことも自然と満たされていくのです。

もう一つは、今はお金を得るために働くような状況に身を置いていたとしても、その仕事をすること自体を目的にしてみるということです。

お金をもらえるからやるのではなく、その仕事の一つ一つの行為、動作を目的としてやってみてください。それには、行動と一体化することです。意識を今この瞬間に起き続けることです。

すると、イヤだと思っていた仕事でも、不思議と満たされるような感覚を覚えたり、なぜか効率よく仕事ができたりするようになります。

充実感を味わうので、充実したものが現れてくるでしょう。

イヤだと思っていることをやめられそうならやめてみて、あなたがやりたい、楽しいと感じることをやってみてください。

まだやめるには勇気が出ないということなら、今やっていることを目的として、一つ一つの行為、動作を目的として一体となってやってみてください。

毎瞬毎瞬、人生を完結させることです。

あなたは、今この瞬間に生きていますか?

P.S ヤらせてほしくて貢いでも、うまくいった試しがありません(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。