自分で自分のことを縛っていませんか?

セルフSMみたいなタイトルですが、まさにそんな感じです。

何があなたを縛っているのか?それは「これが私」という考えです。

もっと平たく言うと性格ですね。私はこんな性格、こんな好き嫌いがある、これが得意でこれが苦手、こんなことをやりたい、というレッテルです。ロープではありません(笑)

そういう、あなた自身に貼ったレッテルに縛られていませんか?

私はこんな性格だから、こういう場面ではこういう言動をするべきだ。とか、私は○○な母親だから、子どもにはこういう態度でいるべきだ。とか、私は頼れる上司だから、部下にはこういう言動は慎むべきだ。みたいなやつです。

ふだんはそれで良かったとしても、たまには違う意見や態度を取りたくなることだってあるじゃないですか?

たとえば、体調が悪くてじっとしていたいのに、子どもが遊んで遊んでと言ってくるようなときです。こんな時「私はいい母親だから、子どもの期待に応えてあげるべきだ。」なんて思って、辛い身体にむち打って(SMみたい(笑))子どもの相手をするというようなことです。

しんどいときはしんどいでいいですし、その時相手をしたくなければ「今はしたくない。」と言えばいいんですが、変なレッテルを貼ってるがばっかりに、レッテル通りの行動を取ってしまいます。

「これが私」という考え、あなた自身で貼ったレッテルよりも、その時その時感じることを優先してください。

「その時思い浮かぶものが私」

これくらいの感覚でいいと思います。辻褄を合わせる必要はありません。私はこういう性格だから、こういう言動をするべきだというのは、私というキャラクターを維持するために辻褄を合わせる目的ですよね。

そんなことは必要ありません。

なぜなら、あなたは一瞬一瞬別人になっているからです。繋がって動いているように見えるので、同じ人だと思い込んでいるだけです。

アニメも、一コマ一コマ別のコマで独立していますが、それを連続で見ると同じキャラクターが動いているように見えますよね。しかし、実際は一コマ一コマ別のモノです。

それと同じです。

一瞬前のあなたと今のあなたは別人です。ただ、いきなりガラッと変化してしまうと、ストーリーが成り立たないのでわずかにしか変化しないようになっているだけです。

自分を「これが私」という考えで縛らなくなると、他の人も「あなたはこんな人」というので縛らなくなってきます。その人がその瞬間瞬間でとる言動を受け入れられるようになります。お互い自由になれますね。

一瞬一瞬別人になっている。違う世界になっている。あなたに対して持ってきたレッテルという荷物も、世界に対して貼り付けてきたレッテルからも自由になれます。

P.S 出した後に、一瞬で別人になってもう一回戦できたらいいのになぁと心から望んでいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。