節約ややりくりが無意識のうちにあなたに与えている影響とは

節約とは、支出を抑えることですね。それでは、なぜ節約する必要があるのでしょう?それは、お金が無くなると困ったことになるからですね。入ってくるお金以上に使ってしまうと、蓄えがなくなっていきます。蓄えがなくなると困ったことになってしまう。そこで、困ったことにならないように、できれば、出ていくお金は入ってきた金額よりも少なくなるようにすること。これが節約です。

では、節約が本当に意味するものはなんでしょうか?ここまでの文章に答えは出ていますが、「入ってくるお金には限りがある」ということと「お金が無くなって困った状態になる」という信念を強化してしまうことです。

これら2つのことを信じていない状態。つまり、「お金は必要なだけ得られる」ということと「お金が無くなって困るようなことにはならない」ということを信じていたら節約をしようとは思いません。

あなたの本来の姿は後者の姿です。お金は空気のように必要なだけ得られ、お金が無くなって困るようなことにはなりません。そのため、節約をする必要も、いくら入ってきていくら出て行くのか計算して家計簿をつけたり、細かいやりくりをする必要はないのです。

しかも、それは無条件です。一生懸命節約してお金を貯めた暁に、お金が空気のように入ってくるのでもありません。一生懸命努力して収入を増やしたり上手に運用できるようになると、お金が空気のように使えるようになるのでもありません。無条件でお金が不足するようなことはないのです。

かといって、今すぐ何でもかんでも何も考えずにお金を使えばいいのかというとそうではありません。もちろん、強く「お金なんて空気と同じでいくらでもどこからでも入ってくるんだ!」と信じられるならそうしていただいてもかまいません。しかし、今まで全く真逆のことを信じてきましたし、辺りを見回してもそんなことをいっている人は1人もいないのでにわかに信じられないでしょう。信じられない内からたくさんお金を使ってしまうと、大変な目に遭います。

そのため、節約をやめるのは少しずつにしたほうがいいです。たとえば、スーパーで特売品ばかり買っていたのをやめ、食べたいと思うものを1つ買ってみる。それができるようになったら、食べたいと思うものだけ買うようにする。それができたら、外食に行ったときのメニュー選びも値段ではなく食べたいと思うものを選んでみる。それができるようになったら、外食に行く回数を月1回から月2回にしてみるという風に、少しずつ節約をやめていくといいです。

「お金」ではなく少しずつ「あなた」を大事にするようになると、臨時収入があったり、誰かから不意にプレゼントをもらったりと、いいことが起こってくると思います。なぜなら、あなた自身への扱いが他者からのあなたへの扱いを決めるからです。ということは、自分を大事にすれば周りからも大事にされるということですね。

そうして、成功体験を積み重ねていくことで「節約なんかしなくても大丈夫なんだ。」と思えるようになるといいです。

お金はあなたを満たすための道具であって、あなたがお金の機嫌を取る必要はありません。それを少しずつやめていきましょう。

さて、明日の買い物から1つ値段を気にせず欲しいと思うものを買ってみましょう。そして、その時の満足感と今までの買い物の満足感を比較してみてください。

P.S 私が風俗に行くたび強化している信念は「値段≠品質」です(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。