生きることはノルマなのか?

生きることはノルマなのか?

ご飯を食べている子どもに奥さんが言います。
「もうちょっと頑張って食べよう。」
私自身も子どもに言っている時があります。

この間そのやりとりを見ていてふと思いました。
「食べることはいつからノルマになるのだろうか。」と。

これ以上食べなければいけない。残してはいけない。あれを食べなければいけない、これを食べてはいけないなど、食べることに対して考えることや制限がたくさんあります。

食べ物を残さなければ作ってくれた人に対しても失礼はありません。食べるものや順番を考えて食べれば、身体にいいのかもしれません。
ただ、そこに楽しさはあるのでしょうか?

あれこれ考えて食べていると、食べたいものを食べて、おいしい!と感じる純粋な楽しさが薄くなったりなくなったりしてしまうと思います。

もうお腹いっぱいなのに食べて苦しい思いをしたり、嫌いだったり口に合わなくて食べたくないものを食べたりして自分を犠牲にしてまで人に気を遣う必要があるのでしょうか?

これは食べることだけにとどまりません。

生きることにも言えます。あれをしてはいけない、逆にしなければいけないということがとにかく多すぎると思いませんか?その考えを採用していると、考えることややらなければいけないことが多すぎて、純粋に生きることを楽しむことが難しくなります。

もし、そういう「ねばならない」ことを達成すればするほど幸せになれる、人生楽しくなるというなら話は別ですが、むしろその逆ではないでしょうか?
たくさんの「ねばならない」ことを抱えているほど、幸せからも遠ざかり、人生が楽しくなくなっていきます。

「〜ねばならない」というのは、あなた以外の誰かの意見です。それをあなたが採用してしまっている状態です。これをたくさん抱えているということは、他人の人生を生きていると言うことです。
一方「〜したい」というのは、あなたの純粋な気持ちです。純粋な気持ちに従って動いているということは、自分の人生を生きているということです。

生きることはノルマではありません。達成すべきものなどありません。意識を向けるべきは、あなたが今人生を楽しんでいるかどうか、自分らしくいられているかどうか、幸せを感じているかどうかです。
P.S ただ、エッチするときは1回でも相手をイカせることというノルマを設定しています(笑)

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です