犬の見学&引き渡し、ヤギの顔射、どうしてもしたいこと

今日は犬の見学予約が入っていた。飼うかどうかは見て決めたいというので、もしかしたらそのまま連れて帰るかもしれないし、やめるかもしれない。

連れて帰るかもしれないことを思うと、とりあえず写真撮っておこうと思って、犬の写真撮っておいた。少しずつ、回数を重ねるごとにピント合わせとか、うまくなっているなぁと感じる。日本で一番子犬の写真撮っている気がする。

10時の約束だったが、10時過ぎてもこない。冷やかしかなと思ったので、10分過ぎた頃に電話してみた。すると、場所が分からず困っていたようだ。電話してみてよかった。

さっと決めるかなと思ったが、質問の嵐。2時間近く質問してやっと決めてくれた。決まってくれたら嬉しいけど、どちらになってもいいやと思っていたらうまいこと決まってくれた。よかった。

9歳と4歳の子供がいて、初めは犬を怖がったりしていたが、流石に2時間近く触れ合ったら慣れたのか、最後にはずっと抱っこして連れて帰っていた。可愛がってくれるいい人に迎えられてよかったなぁと思った。

ヤギの顔射

引き渡しの手続きが終わった後、外でまだ雑談していた。すると、ヤギの話題になったので「触っても大丈夫ですよ。」と伝えると、ヤギのそばへ近寄って触っていた。

あいつ、愛想はいいのですりすりしてたり尻尾振ったりしてた。「かわいいなぁ〜!」って言われてヤギ、ご満悦の様子。そのままヤギの話、蹴ったら喜ぶっていう話をして実演。蹴ったら尻尾振って喜ぶことに驚いていた。

蹴られたら興奮するんだろうか、めちゃくちゃチンコ出してた。「うわ〜、こいつめっちゃチンコ出しとるわ。」って思った矢先、チンコに顔近づけたかと思うと「ビュビュビュビュビュ〜!」って何かよくわからん液体をチンコから出して、それを顔面で浴びてた。

「え?こいつ何してんの?セルフ顔射?」って思った後、顔面に液体の雫をキラキラさせながら、これ以上ないくらい恍惚の表情していた。ど気色悪かったわ。ヤギのオスは全部こんなことするんだろうか?それとも、こいつが異常な性癖の持ち主なんだろうか?

どうしてもしたいこと

夕方18時ごろ、リングフィットアドベンチャーをしてる最中、娘が奥さんに何か相談していた。「それはパパに聞きな。」と言われていた。フィット終わって、これから風呂入ろうかなって時に「油絵具が欲しい。どうしても今日中にしたい。」というので、お風呂上がった後買いに行くことにした。

油絵具売ってるところなんてほとんどなく、思いつくのは車で片道30分くらいかかるところ。正直めんどくさいけど、「どうしてもやりたい。」という気持ちを叶えたかったので行くことにした。

いつからか、私は「効率」を気にするようになった。効率を考えるのは悪いことではないが、「効率が悪いから」という理由で、やりたいことや行きたいことをやめてしまうことがある。効率を考えたら「また今度あっち方面に出かけたときな。」と言っただろう。

「したい時にしたいことをする」という生き方は、きっと効率が悪い生き方だろう。でも、自分の気持ちを大事にするという点では、いい生き方だと思う。そんなことを思いながら、油絵具売っているところへ向かった。

絵を描く才能は生まれてくる時に忘れてきてしまったので、絵のことは一ミリもわからない。奥さんは絵心があるので、絵の具選びなんかは奥さんに任せて、息子と一緒に店内を見て回っていた。

お眼鏡にかなう絵の具があったらしいので、購入。油絵具って結構な金額するのな。

娘は、家に帰ってきて早速やりたいことをやっていた。油絵具でグラデーションを作りたかったみたいだ。youtubeの動画を見ながらやっていたが、どうやらうまくいかなかったようで泣いていた。その後、自分なりに思うようにやってみると、「かっこいいやん。」っていう出来栄えに仕上がってた。

娘がどんな気持ちだったかは知らないが、やりたいことをやりたいと思っている時にやらせてあげられてよかったなぁと満足した。これも自分のための行動だった。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。