未来をかんたんに変えてしまう方法

IMG_1732

「まさか、全部思い通りに行くとは・・・」信じられないような出来事でした。

21日、新潟でセミナーをして22日の夜東京の羽田空港から徳島へ帰る予定にしていました。
東京に行くのでお気に入りの銀座のお姉さんに「その日東京に行くから、一緒に髪切りに行こう〜」とメールを送ったんです。でも、「その日は夜7時まで仕事だから無理〜」と断られていました。

メールを送ったのが20日で急だったのもあり、「まぁ、しゃあないか。空いた時間吉原にでも行ったらええわ。」と思っていました。

私のそのときの希望は「お姉さんと美容室に行くこと」でした。

21日、朝7時半の飛行機に乗る前に何気なくケータイを見るとお姉さんからメッセージで「予定調整したから会えるよ〜。ご飯食べに行こう〜。16時半に仕事に戻るからそれまでなら大丈夫。」とありました。

この時点で「お姉さんと会う」という願いは実現しました。でも、髪を切るのはかなり難しそうでした。なぜなら、その日は月曜日で大半の美容室が休みなのです。

「髪は切りに行けんけど、ご飯食べに行けるからいいか。ありがたいありがたい。」と思っていました。

で、当日16時前くらいにお昼ご飯を食べ終えて、お別れやな〜と思っていたらお姉さんが「知り合いのお店がプレオープンしてて今日空いているらしいけど、髪切りに行く?」と言ってくれました。お姉さんの仕事の予定が17時からそのお店に行くことだったらしいのです。
二つ返事で「イクイク〜!」と返事し、予約が取れるかどうか確認してもらいました。

すると、「予約がいっぱいで無理だって〜。」と言われます。「まぁ、急だからしゃあないよね。」と返事した2分後、美容室の人からお姉さんに「今から大丈夫。」と連絡があったので、髪を切りに行けるようになりました。

しかも、髪を切ってくれた美容師がan・anのカリスマイケメン美容師として特集されたことがある美容師さんで、カットのできも今までで最高の出来でした。(確かにめちゃくちゃイケメンでした)
お気に入りのお姉さんにシャンプーしてもらえるというおまけつきです。

はじめ、私が持っていた願いは「お姉さんと髪を切りに行くこと」でした。でも、20日の時点では会うことすら叶わないという結果になろうとしていました。
それがお姉さんとミシュラン一つ星レストランのご飯食べて髪も切れて、シャンプーもしてもらえるという想像以上のものを受け取ることができました。

未来は今の延長線上にあると信じていたら、20日の時点で会えないことは確定していると思います。でも、未来は「いま」作られているという意識を持っていたら、文字通り「いま」作られています。ということで、お姉ちゃんの予定が変わったり、月曜日空いている美容室があったりということが起こるのです。

その間私はお姉ちゃんと会うことにも髪を切りに行くことにも働きかけはしていません。「せっかく東京に行くのに会えんかった〜クソ〜!」と悔しがることもしていません。東京での予定を立てることもしませんでした。

何をしていたかというと「最良のものを与えてください。」とお願いして、後は何も考えないようにしました。自分であれこれ考えて行動しなかった結果、「最良の結果」を受け取ることができました。

唯一やったことといえば、20日お姉ちゃんに「22日ぽっかり予定が空くことを祈っています(笑)」とメールしただけです。それも、頭で考えたのではなく「送りたい」と思ったから送りました。
未来は今の延長線上にあるわけではなく、その瞬間瞬間作られていきます。あなたがどんな考えでいるか、態度でいるか、意識でいるかで変わってきます。

想像以上のものを受け取るには、目の前に現れた出来事に一喜一憂せず、「最良のもを与えてください。」とお願いし、それを受け取れるんだと信じることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。