暴風雨、生パスタ、わたあめ

昨日の夜から暴風雨だった。ドッタンバッタン風が吹いて、夜中に何度か目を覚ました。かなりきつい雨風だったので、ヤギの小屋が吹き飛んでないだろうかとか、風邪ひいてないだろうか、、、と心配をしていたが、朝見たらケロッとしていた。思ったより頑丈なんだろうか。

そういえば、昨日寝落ちする前に何かにぶつかる夢?映像を見て身体がビクッ!となった。実際に起こっていないことに対しても体は反応するようだ。脳は思考の中の妄想と現実に起こったことと区別できないらしいし。

生パスタで若干イラつく

昨日ゆめタウンで買い物をしているときに、今日のお昼ご飯は久しぶりに生パスタを作ろうと思いついたので実行した。パスタマシンを買ったのはいいものの、ちょっと使ってご無沙汰になっていたからだ。

朝のうちにせっせこ仕込みをする。

いい時間になったので、そろそろパスタマシンを使って麺を生地にしていこうと思った矢先、奥さんから「美味しくないからいらない」と言われた。この時は特にイラつくことなく、「あぁそうなんや。」くらいに思っていた。

どうしてもパスタマシンでちゃんと麺が切れない。初めて使った時はちゃんと切れたのに、2回目からうまくいかないのが続いている。まぁ、食べられないことはないからいいけど、解決法がわからないからうんざりする。

ソースは子供の好きなクリームソースを作った。クックパッドでレシピを見ながら作ったが、これが思ったよりうまくできた。牛乳よりも先に小麦粉を入れろ、コナっぽくなくなるまで炒めろと書いてあったので、その通りにやってみたがコナっぽくなくなる様子は全然ない。「粉しか入ってないのに、粉っぽくなくなるわけないやん。」と思いつつも、レシピ通りにやったらうまくできた。

一見うまくいっていないように見えても、それはうまくいくための過程なのかもしれない。

パスタができたので子供達と3人で食べていたら、息子を見た奥さんがすごく複雑な表情をした。まるでよくこんなまずいもん食べるわと言わんばかりの。それを見て若干イラッとした。まぁ、イラっとするってことは同じことを自分が思っているってことだろう。だから奥さんには何か言い返したりしなかった。そもそも、奥さんがその時何を思っていたかなんて知る由もないから、勘違いでまた喧嘩に発展しかねない。

息子にパソコンを教える

お昼ご飯を食べたあと、ゆっくりしていたら息子が「することないんよなぁ〜!」と言っていたので「宿題でもしたら?」というと、渋々やり出していた。

週末に日記の宿題があるようで、それをものすごく嫌がっていた。そこで「パソコンで日記書いてみる?」というと「やりたい!」というのでパソコンで日記つける方法を教えることに。

日記ソフトを探してみたけど、プリントできなかったりダウンロードできなかったりしたので、OneNoteというアプリを使った。Windowsに最初から入ってるやつだ。

簡単にタイトルと文字の入力の仕方を教えると、きちんと日記を作っていた。おそらく息子は字を書くのが嫌いなんだろう。パソコンだと入力するだけで漢字にも変換されるし、楽でいいんだと思う。

みんなで綿飴作り

その後、前から綿飴食べたいと言っていた娘のために綿飴作りをする。コンビニで買ってきた三ツ矢サイダーの飴を使って作ってみたが、全然わたにならずうまくできなかった。

仕方ないので、何年も前に買ってた綿飴作りに使う砂糖、賞味期限2018年のものを引っ張り出してきて綿飴を作ることにした。もしかしたら腹を壊すかもしれないな、、、と思いつつも、私、子供含めてむしゃむしゃ食べた。味も変じゃなかったし、今のところ腹も痛くなってないから大丈夫だろう。

それにしても、奥さんは綿飴作るのが上手だった。どこで覚えてきたんだろう?と思うようなテクニックを駆使して、綺麗にみんなの綿飴を作ってくれた。

ほとんどどこにもいかず、家の中で過ごしたけど楽しい1日だった。楽しさに条件をつけていた前と比べて、とても穏やかになったように思う。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。