時間から自由になる方法

ずっとずっとお金の話ばっかりしているので、たまには違う話でもしましょう。

今日お話するのは「時間」についてです。

時間もお金と同じように、私達にいろんな制限を与えてくれますね。例えば、「9時に出社しないといけない」とか「14時半に子どもを迎えに行かないといけない」とか「80分でプレイが終了(笑)」とか。

世の中には時間を基準にしたものがたくさんあります。起きる時間もそうですし、出社、登校時間、就業時間、帰社時間、バスや電車の時間、晩ごはんを食べる時間、お風呂に入る時間、寝る時間、、、etc。挙げていくときりがないくらい出てくると思います。

あなたはおそらく「○○時だから起きる」「○○時だから会社に行く」「○○時になったからごはんを食べる」「○○時になったら寝る」というような生活を送っているでしょう。他にも、子どもを送り迎えする時間、買い物に行く時間など、たくさんあるでしょう。

もっと大きいスパンで見ると、「火曜日だから燃えるゴミを出す」とか「毎月の売上目標」とか「今年の抱負」とか、時間を基準にあれこれやっていることがたくさんあると思います。

ここで衝撃の事実を発表します。実は、時間なんてものは存在しないのです。ただ、明るくなって暗くなるを繰り返しているだけです。それを、人間が効率よく生活するために1年という区切りを作ったり、それを12分割したり、またそれを28とか30とか31で区切り、さらに24で、60で、、、という区切りを勝手に後付しているだけです。

空気とか、植物とか、海みたいにはじめから地球に存在していたものではありません。効率よく生活するための発明品です。この点はお金と全く同じです。お金がないと物を買ったりサービスを利用するのが難しくなるように、時間という概念がないと待ち合わせや給料、報酬を払うタイミングや、仕事を仕上げる期限などがわからず、とても生活しづらくなります。

かといって、時間に制限されて生きる必要はありません。時間も生活する上で必要な道具の1つではありますが、道具の言いなりで生きる必要はありません。

12時だからご飯を食べないといけないとか、0時には寝ないといけないという生き方をする必要はないのです。みんながみんな12時にお腹が空くわけではありません。0時に眠くなるわけではありません。

起きたい時に起きて、お腹が空いたらごはんを食べる、仕事をしたくなったら仕事をする、帰りたくなったら帰る、お風呂に入りたくなったら入る、眠たくなったら寝るという生活をすればいいのです。

起きたい時が6時ならそれでいいですし、8時ならそれでいいんです。

お腹が空くのが7時ならそれでいいですし、9時ならそれでいいんです。お腹が空かないならご飯を食べなければいいんです。

9時に仕事したくなったらそれでいいですし、13時に仕事をしたくなったらそれでいいんです。仕事をしたい気分にならなければ仕事をしなければいいんです。

22時に寝ても、23時に寝ても、0時に寝ても3時に寝ても、眠たい時に寝ればそれでいいんです。

これが時間から自由になって生きる方法です。常に、「今自分はどうしたいのか?」ということを優先します。時間なんか無視です。

人との待ち合わせとか仕事の期限くらいは守るといいと思いますが、その他のことは「今、それをやりたいのかどうか?」で決めましょう。

何時だからこれをしないといけないとか、何時までにこれをしないといけないとか、そういうのはありません。

時間を無視してやりたいことをやりたいようにやりましょう。・・・あれ?なんか聞いたことがありますね。実は、お金から自由になる方法と同じ方法で時間からも自由になることが出来ます。

P.S 私は「今日は2回位イケるかも?」と思って90分くらいで入るんですが、結局1回終わったら「・・・もうええか」になってしまって、40分位雑談をするという計算間違いをよくしてしまいます(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。