映画、テレビ番組で必ず流れるけど一番見落としがちなところとは?

映画、テレビ番組で必ず流れるけど一番見落としがちなところとは?

あなたが見ているテレビ番組、これまでに見た映画、これから見るテレビ番組、映画のどれにも共通して流されるものがあります。

それを少し注意してみることで、あなたの人生が劇的に変わるかもしれません。では、一体どこをどんな風に見ればいいのでしょうか?

あなたが見たテレビ番組や映画の最後にスタッフロールが流れますよね。この番組、映画を作った人や会社、協力してくれた会社やお店、場所はこんなこんなですよと教えてくれるヤツです。

詳しく人数を数えたりはしていませんが、「たくさんの人がこの番組を作るために関わっているんだな。」ということが分かりますよね。あなたが見たテレビ番組や映画は、実際に本当にたくさんの人の手によって作られています。

次から、何かのテレビ番組や映画を見て面白いと感じたら(本当は面白くなくてもすべきですが)、スタッフロールを見ながらその人たちに向けて感謝してみましょう。「面白い番組でした。」とか「有意義な時間を過ごせました。」とか「感動しました。」とか何でもいいので言葉を添えながら。

さて、少し考えてみてもらいたいのですが、たくさんの人が関わってあなたの手元に来ているもの、あなたが利用しているサービスはテレビ番組や映画だけでしょうか?

スタッフロールこそ見えないものの、あなたが普段触っているもの、利用しているもの、サービスはどれも本当にたくさんの人の手によって作られ、届けられ、あなたの役に立っているのではありませんか?

あなたが朝起きてから寝るまで、少しこのことを意識しながら生活してみてください。あなたが使うもの、サービスのスタッフロールを想像してみてください。感謝できずにはいられなくなるはずです。

そのうち、感謝できない瞬間などないことに気づけると思います。あなたがたとえすっぽんぽんで空き地の上に寝転んでいたとしても感謝できることがあります。あなたがそこに存在しているというところです。あなたという存在のスタッフロールを想像してみましょう。それに大きな感謝ができるはずです。

あなたの感謝が習慣になってくると、毎瞬毎瞬奇跡しか起こっていないことに気づくでしょう。「奇跡ばっかりだ!」とあなたはあなたの世界に対して定義します。そうすれば、あなたの世界は奇跡ばかりの世界になります。また、「なんて素晴らしい世界なんだ!」とあなたはあなたの世界に対して定義します。そうすれば、あなたの世界は素晴らしい世界になります。

あなたが見たり触れたりしているものに感謝すること。とても簡単なことです。それだけであなたの人生を劇的に変える可能性を秘めています。

P.S 売春は違法なのに、ソープの「お風呂に入りに行ったらそこにいた女の人とたまたま恋愛関係になって行為に発展した」というわけのわからない建前を黙認してくれている社会にとても感謝しています(笑)

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です