2020/05/25-3

熱海旅行一日目の最終です

ホテルのレストランへ

キッズルームで遊ぶのも終わり、19時から食事の予約が取れたので向かいます。本来はビュッフェ形式だそうですが、コロナの影響でコース料理に変わっていました。
コース料理、あんまり好きくないんですよね。料理と料理の間にお腹いっぱいになっちゃう。

そんなこと言っても選択肢は無いのでコース料理を頂きます。あ、小学生以上は大人と同じメニューになります。これはちょっといかがなものかと思いましたね。特にうちの子ども達は偏食なので子ども向けのメニューが嬉しかったです、キッズプレートなるものがあるそうなんですが、それを出してもらいたかったですね。

最初案内してくれたお姉さんは「キッズプレートご用意しますね〜。」って言ってたので、それが来るものだと思ってましたけど、来たのは大人と同じコース料理でした。子どもそんなに食べれんよ。

選択肢が増えると満足度が下がることのいい例ですね。キッズプレートの存在を知らなければ「キッズプレート出してくれたら良かったのに。」という不満の種は生まれませんでした。

そう思うと、人生で起こることは全て決まっているという考えを採用した方が人生の満足度は高くなるかもしれませんね。

とってもしゃれたレストランでした

この中だとタイのカルパッチョが一番美味しかったですね。

ローストビーフもいい肉を使っているんでしょうね。美味しかったですが、結構こってりで全部食べられませんでした。

コック体験におおはしゃぎ

料理を食べていると、隣の席の子どもが何やらコックコートに着替えています。何が始まるんだろうと思って店員さんに聞いてみると、コック体験ができるようでした。子ども達に聞いてみるとすかさず「やりたい!」

本来は何分刻みかでスケジュールされているようでしたが、人がほとんどいなかったので私たちの食後にスタートできるようにしてくれました。

2人ともコックコートを着るのははじめてです。結構様になっててイイ感じ。

メニューは、ロールケーキのデコレーションです。

娘はノリノリでしたが、息子はやりたいと言っていた割にテンション低い。お姉さんの言うことを聞かずに雑にやってました。お姉さんが困っていたので、息子に「ちゃんとやろう。」と声をかけると、それ以降はしっかりやってくれました。

多分、チンコ痛かったんでしょうね。ホテルついてから見るとチンコにばい菌は言ったのか何かで腫れ上がってました。それがしんどくて気分が上がったり下がったりしてるんだろうなと。

完成したケーキ、どっちも「ママにあげる〜!」と言いながら渡してました。「あれ?どっちか1人パパにくれんの?」と思ってちょっとさみしくなりました。

娘は楽しすぎたのか「またやりたい!またやりたい!」と言いながらピョンピョン跳ねてました。よっぽど楽しかったんでしょうね。

こういう体験ができるのはいいですね。子連れにとってはありがたいですし、子どもにとってもイイ思い出になります。ついでにいい写真が撮れます。

My son made it.

チョコレートをたっぷりかけたロールケーキ、サイン入りです。

My daughter made it.

こちらはイチゴソースたっぷり。サイン付きです。

2人とも生まれて初めてのティラミスです。美味しいと言って気に入っていました。

貸し切り温泉

いつも大浴場があるホテルに泊まっても部屋のお風呂で済ますことが多いんですが、今回は熱海ということで息子と2人大浴場の温泉へ行くことにしました。

娘も温泉に来たがっていましたが、奥さんが温泉嫌いなのと、男湯はイヤだということなので来ませんでした。

が、入ってみると男湯はがらんとしていて私と息子との貸し切りでした。

温泉は至って普通の大浴場です。半露天風呂があり、そこから熱海の夜景を見渡せるようになってます。いい眺めでした。さすがにカメラはもってなかったので写真は撮れませんでしたが。

息子と2人でのんびりお風呂、気持ちよかったです。広々お風呂で一緒に泳いだりして遊んでました。この日一番楽しい時間だったような気がします。

過酷な充電

子どもが寝た後、テスラの充電という最後の任務を遂行しました。リゾナーレ熱海には充電施設はありません。それどころか、駐車場が極めて狭いです。車幅が2mもあるので、車を停めるのも出すのも一苦労でした。

充電設備、となりのかんぽの宿にありました。地図上で見ると距離がわずか。歩いて5分くらいという案内なので楽勝だと思ってました。が、とんでもありませんでした。何がとんでもないって、坂、坂、坂、坂、坂がとんでもありませんでした。

行きは車で坂道を下ります。充電器に接続してからすべり台かよ!と思うくらいの角度がついた坂を登ります。登ったのは10分くらいでしたが、汗だくになりました。せっかくお風呂入ったのに、、、

大変でしたが、ここで充電しておかないと次の日スムーズに移動できずにどこかで充電待ちが発生するところでした。なので、大変でもやるしかありませんでした。

その後、クタクタになって眠りにつきました。出発まで無事到着できるか不安でしたが無事に到着してホッとしたのと、ちょっと自信にもなりましたね。