料理のレパートリーが増えてお金持ちにもなれる考え方とその実践

こんにちは。
maikoです。
前回、初めての記事は沢山の方に読んでいただけてとても嬉しかったです。
中川さんにも皆さんにも感謝感謝です。
(*´︶`*)
コメントくださった方々も、ありがとうございました。

さて、
最近の私は「あると認める」ことを意識しています。

現状がどうあれ、そういう事にしてしまえば「あれが無い、これも無い、だから無理」とごちゃごちゃ考えることがなく、話が早いからです。

まずは、ご飯を作るときに食材が「ある」と思うところから始めました。

私は専業主婦なのでほぼ毎日自炊をするのですが、食材の使い回しが苦手でビミョ〜に余ってしまうこともしばしば…
「キャベツしか残ってないやん…他に大したもの無いし…こんなんじゃご飯作られへんわ〜」
と、しょっちゅう買い物に行きます。

要領の悪い自分をダメとは思いませんし、
スーパーまではお散歩がてら行ける距離なのでいい気分転換になり、苦ではありません。
近頃はあまり計画を立てることもなく、その時の気分や自然の流れに任せて動いています。
そのほうが楽しいからです。
つまり、上手に献立を考えられない自分をダメだとも思いません。
そうです、ここでのポイントは「ないと思ってる」ということでした。

「あると認めるって決めたんやから、こういう日常の中でどんどん証明していこう!」
そう思った私は、スーパーには行かず食材を探しまくりました。

そして出来上がったものは
ツナのジェノベーゼクリームパスタ
キャベツサラダ
の2品です。

「食材…あるやん!!!笑」
しかもなんだかオシャレなメニューです。

 

作っているときに
「トマトとか、赤い食材があれば映えるのにな…でも無いんよな〜ちぇっ!」
と、ついつい「無いこと」を考えてしまったときも
「でもバジルソースの材料が家にあるなんて、まるでイタリアのマダムやん」
「粉チーズもあるし、これでコクをプラスしよう!」
「パスタを盛り付けるのに丁度いいお皿見つけた☆やったー☆」
と、すかさず「あること」を3倍返しで見つけました。

こうしてマダムmaiko(?)は予想外に優雅なランチタイムを過ごせたのです。
材料なんて何も無いと思っていたことが不思議なくらいに…。

つくづく、思ったとおりのことを引き寄せたり見たりしながら生きてるんだなぁ〜と感じました。

これをお金に当てはめて、無い無いと言いながら生活していたとしたら………
いや、やめましょう(・・;)

とにかく「ある事にしてしまう!」という姿勢が大事なんだなぁと学びました。

料理はやり始めたらハンパなところで手を止めることがあまり無いので、
「前向きにスタートしたものの、途中で不安になってアレコレ悩んで行動が止まってしまう…」
という余地がなくオススメです。

「冷蔵庫の有り合わせで色々作れるわ☆」
という方は、もうすでに沢山の「ある」を見つけてきた実績があるのでとっても素晴らしいです!
表彰もんです!
さぁご自身を褒め讃えてください。
なんなら中川さんに表彰してもらってください。
・:*+.\(( °ω° ))/.:+

今後もこの調子で叶えたいことを「すでにあるんだー!」と認めて、「それを受け取っていいんだよー!」と許可しまくろうと思います。
P.S このブログを書く前に「時間とやる気が無い」と思いましたが、あることにしたら書けちゃいました。

P.P.S どうすれば自然とお金があると思えるようになるかは、こちらで学べます

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。