思考と感情から距離を取れるようになると、何がいいのか?

これは自分の取りたい行動、態度が取れるようになりますね。

自分の取りたい行動が取れる、態度が取れるのを言い換えると「自由」ですね。自分に由る行動、態度が取れるようになります。

思考と感情から距離を取れている状態とはどんな状態でしょうか?それは、思考や感情を自分だと見なしていない状態です。

もっとくだけた感じにいうと「私が考えた!」「これを感じてるのは私だ!」と思っていない状態です。

思考が浮かんでも「あ、こんな考えがやってきたな。」と気づくだけ。感情が浮かんでも「あ、こんな気持ちが浮かんだな。」と気づくだけ。

浮かんできた思考や感情に行動を左右されない状態です。

思考や感情に気づけるようになると、その思考や感情に基づいて動くのか、それとも違う行動をとるのかが選べるようになります。

例えば、あなたが何か欲しいものがあるとします。欲しいという考えを手放しても手放せない、心の底から欲しいものです。そんな時、あなたの頭の中ではこんな声がするでしょう。「ちょっと金額が高いんじゃないかな?今は買うタイミングじゃないかもしれない。もっと安いものが他にもあるかもしれない。私には見合わないかもしれない。」という、買わない理由、買わなくて済む理由を並べる声が聞こえると思います。

その声に影響されるのは自由ではありません。あなたは思考ではないからです。

その思考に気づいて「あぁ、誰かがなんか言ってるね。」と言って受け流し、欲しいなら買えばいいということです。

きっと、不安や恐れと名付けられるような気持ちも出てきていることでしょう。その気持ちに対しても「あぁ、こういう気持ちが湧き上がったきたな。」と気づいて放っておき、欲しいなら買えばいいんです。

これが、あなたが思考を「私がこう考えてる。」と同一化していたり、感情を「私が感じている。」と同一化しているとこうなります。

「ちょっと金額が高いし、不安な気持ちが出てきてるからやめておこう。」

なんも自由じゃないですね。金額が高いって言ってるのも、元々はあなたの考えではありませんし、不安という気持ちも、そういう気持ちを感じた時のあなたの周りの反応などを見て「よくないものだ」と判断しただけのものです。

何一つあなたのものではありません。

このように思考や感情と距離を取れるようになると、自分のやりたいことができるようになります。ありたい自分でいられるようになります。

あなたに浮かんでくる考え、それはあなたが望んでいることですか?あなたが感じる気持ち、それは本当にあなたが感じているものですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。