後悔する理由と一切後悔なく人生を生きていく方法

こんにちは、中川です。今回は「後悔する理由と今後一切後悔なく人生を生きていく方法」という話をしたいと思います。

後悔とは、あの時こうしていれば、もっとこうなっていたら、こんなことが起こっていたら、と思うことです。なぜあんなことをしてしまったのかという思いも後悔のひとつです。

こういったことを考えている時は気分が悪く、良いことはありません。今回は、今後そういった後悔を一切することなく生きていく方法をお話したいと思います。

後悔する理由は何か?

まず、なぜ後悔をするのかということについてお話したいと思います。後悔をする原因は、今満足してないからです。

あなたの現状に何かしらの不満があり、過去にこんなことが起こっていたら、もっとこうしておけば、今こうなっていないと思うからです。だから、後悔するのは今現在何かしらの不満があるということです。これが後悔する理由です。

何も不満がない、とても満足している場合、過去の出来事や自分の言動、誰かの言動に対して、あの時のあの出来事があったから、今満足を得られているという認識になっていきます。

しかし、今現在不満を抱えていると、過去の時点でこうだったら不満が解消されているかもしれない、今の不満はなかったかもしれないと思うことが後悔を生んでいます。

後悔というのは、既に起こったことに対して、こうだったらよかったのにと思うことです。過去を変えたい、過去をやり直したい、子供時代に戻ってやり直したいということを思ったことがあるかもしれませんが、後悔を抱くということは、以前にあったことをやり直したいと思うことです。

しかし、先ほどお話しした通り、後悔をする理由・原因とは、今満足してないということです。だから、過去を変えても、満足できる結果が出なければ意味がありません。

仮に過去に遡ってやり直せたとしても、やり直した結果は今まで経験していないことなので、満足するかどうかはわかりません。また不満を抱いてしまい、もう一度やり直さないと気が済まないということを永遠にし続けていくことになるかもしれません。

過去をやり直したいわけではなく、今を変えたい

後悔する理由は、今満足しておらず、不満があるということなので、変えたいのは今です。過去を変えた結果、今も変わると思っているということです。

つまり、変えたいのは過去ではなく今だということです。

今の不満を解消したい、得たいと思っているものを得たり、思い描いていたようにしたりしたいと思っているわけです。

そうなってないのは、過去の出来事やあなたの言動、誰かの言動が原因だと思っているということです。だから、過去を変えたいのではなく、今現在抱えている不満を解消したいということです。

だから、過去を変えることに意味はありません。本当に変えたいのは今ということをまず認識することが、後悔なく生きていくための第一ステップです。

後悔なく生きていく3つの方法

後悔のない人生にしていくための3つの方法を今からお話しします。

今あるものに感謝する習慣をつける

1つ目は今あるものに感謝していくことです。

今ある物とは、あなたが住んでいる家や、車をお持ちであれば車、私だったら、今撮っているビデオカメラや、今座っているソファ、音を鳴らしているスピーカー、今着ている服やメガネ、仕事をするパソコン、写真を撮ったり誰かと連絡をとったりするスマホ、横になるクッション、よく弾くギターなど、色々あります。たくさんのものがあると思います。

そして一つ一つのものには価値があるはずです。価値がなければ捨てているはずです。あなたが普段使っているものや、触れている物には何らかの価値があるはずなので、その価値に対して感謝するという習慣をつけていくことです。

物に限らず、あなたが普段接している人、家族を始め、会社勤めであれば職場の人、近所の人のふれあいがあるなら近所の人、そういった人にも感謝をしていくということのが一つの方法です。

今あるもの、人や状況に感謝できるようになってくると、不満はなくなってきます。自分はこんなに満たされていたのだという感覚になっていきます。

後悔がなくなるという効果もありますが、満たされているほうに意識が向いていくので、満たされていることを経験できるというような効果もあります。これはおすすめです。是非やってみてください。今あるものに感謝するということです。

今に在る

それから2つ目の方法は、今にあることです。今にあることで自然と満足感や幸福感を得ることができます。

状況が何も変わっていなくても、何もしなくても、満足感や幸福感を得られるので、不満が出てこなくなります。今にあるって言うのもひとつの方法です。

今に在る感覚を学ぶ方法はこちら

全ての選択に対して「これでいい」と認定していく

3つ目は、今現在の選択や、過去に行った選択など、全ての選択に対しこれで良かったのだ、これでいいのだということにすると方法です。

あなたの人生を作っているのはあなたなので、あなたがこれでいいのだと決めたらそうなっていきます。それでよくなっていきます。過去のことも今現在のことも、これでいいのか、これで良かったのかと思い続けるから、それでよかったのかと思うようになっていきます。

だから、過去のことも今現在のことも、これでいいのだとしてしまうという方法があります。

今回は後悔についてお話をしました。後悔する理由は今満足していないということでした。だから、変えたいのは過去ではなく今だということを認識してください。

後悔なく人生を生きていく方法は、今あるものに感謝すること、今にあること、これで良かったのだ、これでいいことにするということです。是非実践して下さい。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. こんにちは、はじめまして。
    兼ねてからブログ拝見しております。(ちやみにツイッターも拝見しております。)

    中川さんのブログがいつも心に響いています。
    私もいつも過去を振り返って、「あっちの道を選んでおけば。。」、「何故こっちを選んでしまったのだろう。。」と後ろを振り向いては後悔ばかりしている毎日です。

    中川さんがおっしゃる通り、今現在に満足していないのも自覚しています。

    苦しい気持ちでいっぱいの時に中川さんのブログを見ると何故かホッとして時には自然と涙が溢れてくる時もあります。

    まだまだ精進が足りない私ですが、少しでも中川さんのように物事を捉えたり、考えたりできるような人間になりたいと思っております。

    ブログ更新、いつも楽しみにしております。
    まただんだんと寒くなってきましたね。
    私は東北在住なので特にこれからの季節は特に応えます。。
    中川さんもお身体にお気をつけて、どうぞご自愛ください。

    乱文かつ長文、大変失礼致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。