年収1,000万円の人の割合

年収1,000万円というと、「稼いでいる。」という印象を持たれるのではないでしょうか?
では、年収1,000万円稼いでいる人はどれくらいいるのでしょう?国税庁の平成26年度民間給与実態統計調査によれば、年収1,000万円〜1,500万円の人の割合は3.1%だそうです。ちなみに、人数は148万3千人だそうです。

割合で3.1%というと、「限られた人間しか到達できなさそう・・・」と思われるかもしれません。しかし、148万3千人もいると聞くとどうでしょう?徳島県の人口は78万人ですから、その倍くらいの人が年収1,000万円以上稼いでいるということです。そう考えると、たくさんいると思いませんか?たくさんいると思えば、「自分にもできるかもしれない。」と思えてこないでしょうか?

少なくとも、3.1%と捉えるよりも、148万人もいると思った方が多く感じて「それなら自分にも」と思えるようになると思います。

年収1,000万円以上の人の割合などというデータにしても、いろんな出来事にしても意味はありません。ただそうであるだけです。その意味のないものをどんな意味づけをするかは自由にできます。

自由にできるということは、自分にとって心地いい意味づけ、自分にとって前向きに捉えられるような意味づけをしていけばいいのです。

色んなものを見たり、出来事を体験すると、あたかもそのものや出来事その者に意味があるかのように思えてしまいます。しかし、今まであなたが学んだり誰かから聞いたりしたことを照らし合わせて、そのものや出来事に対して高速に意味づけを行っているだけです。

まずはそのことに気づきましょう。そのものの意味、出来事の意味を決めているのは自分であると。それに気づけたら、どんな意味づけをするか選べるようになります。「この意味づけは自分にとって心地いいだろうか?」「どう意味づけをすれば自分にとって前向きになるだろうか?」そう問いかける癖をつけおくといいと思います。

初めのうちは高速で意味づけする癖がついたままだと思います。何かに意味づけをした後で、その意味づけを振り返ってみるといいです。「この意味づけは果たして心地いいんだろうか?」という具合ですね。

年収1,000万円の人の割合のデータだと、これから到達したいと思っている人は「148万人もいるんだから、自分も大丈夫だ。」という意味づけをして前向きに捉えて、すでに到達している人は「3.1%しかいないなんて、自分は選ばれた人間だ!」と思っていい気分になればいいですね。

あなたのとらえ方があなたの世界を決めるとはよく言ったものだと思います。

 
P.S 仮性包茎の人の割合は6割を超えているので、日本ではずる剥けの人はどっちかというと野党です(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。