子どもにやりたいことをやらせてあげたいあなたへ

0H4A8429

「子どもにやりたいことをやらせてあげたい」といって、お金を貯める人はたくさんいます。
このときのやりたいこととは、ほとんどの場合で「将来」です。
つまり、もう少し具体的にいうと「子どもが進学をするときにお金を理由に進学を諦めさせたくない。」という意味です。

あなたも同じように考えて、子どもの将来を考えてお金を貯めているなら、二つ確認してもらいたいことがあります。

ひとつ目は、将来子どものやりたいことをやらせてあげるために、今子どもがやりたいと言っていることを我慢させていないでしょうか?
子どもが「ピアノ習いたい!」と言いました。でも、そんなお金は無いと断りました。それでは、やりたいことをやらせてあげたいというのは本心ですか?矛盾していますよね。

そんなことなら、将来のためにと加入している学資保険を解約してでもピアノを習わせてあげるべきです。

子どもにやりたいことをやらせてあげたいのか、「親としての義務(という思い込み)」を果たそうとしているのか、どちらでしょう?

前者なら、先のことなど考えず、子どもが今やりたいと言っていることをさせてあげるべきです。

二つ目は、あなたがやりたいことをやっているでしょうか?
親ならば、自分よりも子どもを大事にしたい(しなければいけないという思い込み)という気持ちがあります。

でも、自分の我慢が前提であればそれはよくありません。はじめはないかもしれませんが、徐々に「私ばっかり我慢して」という不満が出てきます。

子どもにやりたいことをやらせてあげたいならば、あなたがやりたいことをやって、「やりたいことをやると、人生はこんなに楽しいんだ!」ということを子どもに見せてあげるといいです。

そうすれば、子どもはやりたいことをやって人生を楽しめるようになるでしょう。
でも、あなたがやりたいことではなく、やらなければいけないことをやって人生を楽しんでいないならば、こどももやらなければいけないことをやって人生を楽しめなくなるでしょう。

子どもにやりたいことをやらせてあげたいならば、まずはあなたがやりたいことをやりましょう。そして、「人生ってこんなに楽しいんだ!」と子どもに希望を与えることです。それが、親が子どもにできる最高の教育だと思います。
P.S この間読んだ本に「セックスも相手の快感ではなく、自分の快感を優先しよう。」と書いてありました。そんなことをしたら2分で終わってしまうんですが・・・(笑)

 

P.P.S あなたも子どもも楽してお金持ちになる方法を教える方法を知りたくありませんか?
詳細、申し込みはこちら

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。