夫婦喧嘩後の朝、フジグラン北島のフードコート、

夫婦喧嘩後の気まずい朝

昨日はわりかしハードな夫婦喧嘩をした。いつもはお互いにスッキリして終わるのだが、昨日は私の気分がだいぶしんどかったというか、どうでもよかったので、奥さんがスッキリしていないままの様子だった。私もなんかしこりが残っているような気がしてたが、もういいわと思って寝た。

そして今日の朝。奥さんは普通におはようと言ってきていた。それに対しては普通に返した。テンションは低めだが。

大声で怒鳴りあったので、夫婦喧嘩したことは子供達も知っている。今日、雰囲気を察したのか息子が学校へ行く前に奥さんに「仲直りしてほしい。」と言っていたらしい。

子供を学校に送って行って帰ってきて、少ししてから普通に話すようになった。昨日、喧嘩の最中になぜか笑いそうになったことを伝えた。

あの時、堪えずに笑っていたらよかったかもしれない。後悔しても仕方ないがそんなふうに思う。何故か笑いが込み上げてきたが、笑うような状況じゃないだろうと思って堪えたのだ。

そうである必要はないという素晴らしい言葉があるように、喧嘩の最中に笑ってはいけないということもない。次はそうしたら、和んで早めに終わるかもしれない。

フジグラン北島のフードコートへ

お昼ご飯、特に食べたいものはなかったが、奥さんのリクエストでフジグラン北島のフードコートにオープンしたオムライス屋さんに行くことにした。

フードコートなので、各自好きなものを食べられる。合理的なのでフードコートは好きだ。

奥さんと娘はオムライスを、息子はカレーうどんに初挑戦。私は皿うどんを食べた。

オムライス、私は食べていないが特別美味しくなく、不味いわけでもない普通のオムライスだったらしい。シンプルな料理のようで、同じオムライスでもいろんなオムライスがあるなぁと思った。

息子はカレーうどんを美味しいと言っていた。また一つ食べられるものが増えてよかった。

皿うどん食べていると、息子が一口欲しいと言ってきた。パリパリで美味しいから息子も気にいるだろうと思ったけど、不評だったようだ。

仲睦まじい二人。私が見ていないところで、肩に腕を回してきたようだ。どこでそんなことを覚えてきたんだろうと不思議な気持ちと、なんだか大人になったなぁという気持ちを感じた。あとは、喧嘩したから慰めとかそういう気持ちもあるのかなぁと思った。

トイザらスへ

以前は散々おもちゃを買ってきたが、もう二人ともパソコンやiPad、Switchでゲームをしている時間がほとんどなので、おもちゃは買わないと伝えた。特にぐずることなく見るだけにOKしてくれる。

育てたイチゴを食す

子供二人で育てているイチゴ。息子の株に、食べられそうな実がついたので自分で千切って食べていた。なんだか、少し前までなんでも手伝ってあげないといけないような気がしてたのに、一人でサクサクなんでもするようになってきた。とても成長を感じて嬉しい。

そういえば、娘にも息子にも「なんで喧嘩したん?」と聞かれた。説明してもわからないだろうし、どちらかを悪者にするのも良くないなと思ったから、「色々あるんよ。」で片付けておいた。

昨日、一昨日くらいからか「存在すること」を意識して、、、というか、極力何もしないようにしている。そのせいかどうかわからないが、タイピングが前と比べてとても楽にできている気がする。体の力が抜けたからだろうか。今までどんだけ体に力入ってたんだろうかと思う。

ああなりたくない、こうなりたくない、こうしないと、ああしないと行っていう考えがあり過ぎて、無意識のうちに体に力が入っていたんだろうなと思う。これからも、リラックスした状態でいられたらいいなと思う。

そういえば、嫌われる勇気の中にも「行為のレベル」「存在のレベル」という話が出てきていた。何をしたとかしないとかで人を見るのではなく、存在のレベルで人を見るみたいな話だったと思うが、それに通じるような気づきだなと感じた。

それにしても、今日の写真はサイトにアップした瞬間色を抜かれたように彩度が落ちてるな。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。