夫婦げんかの最中に幸せを感じるとはどういうことか?

先日の記事のP.Sに「夫婦げんかをしている最中にも幸せを感じることができた。」と書きましたが、これについて「どういうことなのか?」と質問をいくつかいただいたので回答します。

これは何も夫婦げんかというもの自体に幸せを見いだしたわけではありません。けんかしている最中は「はよ終わらんかな〜。」「ウザいわ〜。」と思っています。なので、夫婦げんかすること自体が幸せなことではありませんし、したいとも思っていません。

私がここで実証したのは「外部の状況にかかわらず自分が感じる感情は選ぶことができる」ということです。

けんかしている最中、うざいな〜、めんどくせ〜と思っているのですが、はっとひらめいて「この最中でも幸せを感じることはできるのか試してみよう。」と思ったわけです。

そこで私は奥さんがしゃべり終わるのを待って、回答を考えるふりをして目をつぶり、静かに心落ち着けて今にある状態を作りました。

すると、いらだちや怒りは収まり、幸福感が浮かび上がってきました。その後も少しけんかは続きましたが、心落ち着けることで私の言動や雰囲気が変わったのか、程なくして終わりました。

私が実証したのはこういうことです。

自分の言動や感じる気持ちは起こっている出来事にかかわらず選ぶことができるということです。

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です