夢、モアナコーストでランチ、犬の撮影

今日も朝早く目覚めた気がする。6時くらい。寒かったり暑かったりでうまく寝られていない。

朝、子供が学校へ行った後は、昨日撮影した動画の編集をしていた。といっても、場面をカットしてカラーグレーディングするだけで、凝った編集はしない。Macが重いから。

今日は朝ごはん食べたい気分だったので、トーストを食べた。チーズトースト。結構前に開けたチーズだったが、賞味期限内だったので「いけるだろう。」と思って焼いてみた。が、焼き上がりちょっと怪しい匂いを漂わせていた。味に問題はなかったので、チーズがより熟成されたんだろうと思っておくことにした。

そうそう、不意に「この現実だと思ってるのは夢なんだな。」という理解がやってきたんだった。昨日の夜寝てみた夢が、車をひっくり返してボコボコにする小学4〜6年生の軍団とバトルするという謎設定の夢だったが、とてもリアルだった。初め場面はテスラのスーパーチャージャーがある駐車場だった。そこで、小学生どもが私の車をひっくり返そうとしたので応戦していた。と思ったら、突然駐車場から学校の教室へ突然変わっていた。それからは、教室にある机や椅子で小学生を殴って殴って殴りまくった。その時の感触や感情が結構リアルで今でも思い出せるくらい。

そんな夢を見て目が覚めて、ふと「今見えているものも夢なんだな。」と理解した。夢だとわかると気分が良かった。「この世界は夢」というのは、知識としては何年も前から何度も何度も本で読んだりしてきたから、頭ではわかっていた。でも、今回はそれが腑に落ちた感じがあった。

モアナコーストランチでプチラッキー

車の充電をし忘れていたので、残量が30kmくらいしかなかった。特にどこか行く予定はなかったが、充電ついでにモアナコーストでランチをすることにした。

リニューアルオープンしてからは初訪問。Webサイトで見ると、前よりもだいぶ広くなってるっぽかったから、どんなふうにリニューアルしたんだろうと思ってみてみると、新しく建物を建ててそこをレストランにしていた。前のレストランスペースがフロントへ、前のフロントが宿泊者専用ラウンジのようになっていた。

新しいレストラン、なんと言うかこう、都会にあるいい感じのホテルのレストランっぽくていいなと感じた。お姉ちゃん連れてきてデートするにはもってこいだろうな。客はクソババアばっかりだったけど。イキってパスタや食べんと、そばでもズルズル食うとけや。

そんな私はパスタランチを頼んでパスタをズルズル食べた。パン、前菜、パスタのセットだ。奥さんはデザートともう一品ついているAセット。二人ともパスタ、もう一品と食べ終わり、後はデザート。奥さんにデザートが運ばれてきたと思ったら、私にも運ばれてきた。「あれ?デザートついとったっけ?」と思っていたら、店員さんが「間違えて運んできたので、良かったら食べてください。」と。ありがたくいただくことにしたが、デザートはマ○コープリン。食べたことないし、マンゴーも微妙やなぁと思いながら食べたけど、かなり美味しかった。

ラッキーだったなぁ〜。でも、食べすぎてめっちゃ昼寝してもうたけど。あと、前まではパスタの麺が硬くてイマイチだったけど、今日はいい感じの茹で具合で美味しかった。

犬の写真&動画撮影

この間、シロツメクサがいっぱい咲いているところで撮った犬の写真が綺麗だったので、子犬も同じように撮りたいと思って撮ることにした。ついでに、昨日動画撮影できていない子犬も撮った。

もうちょこちょこ動いて一人では撮れないから、今日も娘に手伝ってもらう。助かるわ〜。動画はあんまり「こう撮りたい。」っていうのがないから適当に撮る。適当に撮ったやつでも、ボカしてカラーしっかりやると、それなりの雰囲気の動画になるなと思う。少なくとも、こんなに綺麗な動画を撮影しているブリーダーは他におらんだろうな。

動画の後はシロツメクサの上で写真撮った。子犬小さいし、引きの写真が撮りたかったから、ピント合わせに苦労した。子犬トラッキング設定にしているのに、子犬がこっちに向かって走り出すとフォーカスがズレたりする。こういうときは、ガチムチのa1みたいなカメラが欲しいな〜と思う。瞳だけじゃなくて、胴体検知もしてくれるらしいからな〜。

でも、多少のピントずれはレタッチで修正できる。Topazというソフトを使っているが、素晴らしいソフトだ。顔じゃなくて体にピンといって顔はボケてるのに、チョチョイっと修正したらバッチリピントが合ってる風になる。あまりに酷いものは修正効かないが、ちょっとブレてるな〜とかピンずれしてるな〜くらいの写真は綺麗に直してくれる。いい買い物したわ。

あわわと工務店にイラつく

夕方ごろ、あわわの営業の人からメールがあって、「この度はご迷惑をおかけしました。工務店の社長さんから前の原稿で進めてくれと言われました。それでいいですか?」とメールがあった。

到底納得できなかったが、広告主はあくまで工務店なので、それでいいと言うならそうしてくれと返事した。ただ、今後の原稿の確認はしないから工務店に直接連絡してと伝えた。

それから、なんでこんなに怒っているかを伝えた。伝わるかどうかは知らんけど。

なんだろうな。その後、今回のあわわや工務店の件について奥さんと話したが、私があれこれやりすぎなのかもしれないと思った。してあげたいと思ってやってるのか、したいと思ってやってるのか、してあげないとと思ってしているのかは知らないが、したことに対するリターンに怒っているのかもしれない。

見返りを求めてやっているわけではない。したいと思ったことをしているつもりだが、ロバートがセミナーで言っていた「優しい性格で、人に与えることばかりしていたが、自分が与えられるのはわずかで、緊急性のあるもの以外は無視された。」というのが当てはまるのかもしれない。

今回の件も、写真撮影にも付き合ったし、原稿の指摘も、だいぶアドバイスを交えて時間かけてやったし。やりすぎなんかな。わからんけど、自分のためになる事が一体なんなのか、ちゃんと見極めたいと思った。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。