同じことを繰り返す、GREENIA、子犬Get

「体調が悪い。あそこが痛い。ここが痛い。気持ち悪い。気持ちが落ち込んでいる。」このうちのどれかを聞かない日はない。今日は身も心も元気で気分がいい!という日はもう何年もない。

毎日、このうちのどれかもしくは複数、あるいは全部を奥さんから聞く。昔は、あまりに体調が悪くなる、なりやすい奥さんにめちゃくちゃイライラしていた。体調悪い相手にイライラするなんてどうなのか?という考えがあったから、我慢しようとはしたと思うが、全然できてなかった。

その後、少しずつ我慢ができるようになり、最近ではほとんど気にならなくなった。たま〜に「多いなぁ。まぁでも、したくてしてるんでないしな。」と愚痴っぽく思うくらいで腹が立つことはなくなっていた。

でも、昨日、またイラついている自分に気づいた。「もういい加減にしてくれよ。」と思った。

普段もそうだが、遠出する時、旅行に行く時の前日や最中、ほぼ100%体調を崩す。これがしんどい。あれこれ気を使うことになるからだ。あぁでも、今描きながら思ったけど、体調がいいのが当たり前という考えがあるからイライラするんだろうな。あと、遠出する時は体調崩すのがデフォだと思っていたら、イライラすることもないだろう。

全部が自分のための選択だから、「嫌なら別れれば?」とも思う。が、子供とは一緒にいたいし、子供には健やかに育ってほしいと思う。自分みたいに親のいざこざで傷だらけになるような思いをさせたくないと願っている。自分がそうしたいと思っているから、これも自分のためだ。普通の人は、離婚したいのに子供のことを考えて離婚しないって選択を「お前のために我慢したのに!」と子供のせいにするんだろうけど。

ということで、文句を言うことはできない。人をコントロールすることもできないから、自分が自分のために穏やかさを選択するしかない。

昨日は、奥さんが子犬を買ったので、その犬を引き取りに兵庫県まで行った。兵庫県だが神戸ではない。そのついでに、久しぶりに家族で遊びに行こうということになり、子供は学校を休んでみんなで出かけた。

目的地は「六甲山アスレチックパークGREENIA」というアスレチック。なんでも、日本最大級のアスレチックフィールドらしい。

淡路SAで絶品シュークリームのために30分使う

10時から空いているので、移動に2時間見積もって8時くらいに家を出た。2時間くらいなら休憩なしで向かってもよかったが、久しぶりに美味しいシュークリームを食べたくなったので、淡路SAで休憩することにした。

さぁ、シュークリーム買おうと店に前に行くと、ショーケースに並んでいない。お店の人に聞くと「カスタードが冷えてないので、あと30分くらいかかります。」とのこと。

このまま行っても時間あまりそうだったから、30分待つことに。その間、サービスエリア内を買い物したり、写真を撮ったりした。

人が少なかったから写真撮りやすかった。コロナのおかげか、高速もガッラガラ。

明石海峡大橋をバックに子供達のいい写真が撮れた。これを子供達への手紙というか本の表紙にしようかなと思うくらいだ。

GREENIAにて

目的地へ到着。3月にきたばかりの、六甲スノーパークと全く同じ場所だったのでびっくりした。雪が降らない間はアスレチックパークとして運営するみたいだ。賢いな。

3月に来た時は、受付窓口があって係の人が入場券を売っていたが、カード払いまでできる券売機が導入されていた。コロナの補助金で買ったんだろうな。

入ってすぐあるトランポリンをやり、次に息子がスワンボートに乗りたいというので一緒に乗る。こんなん漕いだら筋肉痛になるわ〜と思いながらも、乗ってみると意外と重くない。きっと重さの7割は息子の方へ行ってただろうな。成長したな〜逞しくなったな〜と思う。お父さん全然パワーないから(笑)

娘は奥さんと鯉の餌やりを楽しんでいた。鯉は餌もらえるのわかっているからか、気持ち悪いほど集まってきた。

餌やりを終えて、いよいよアスレチック。まず見つかったのは水上アスレチック。見つけるや否や、息子も娘もパーッと一目散に入り口へ向かって走っていった。結局入口見つけられずに合流したけど。

ど平日にも関わらず、小学生が多い!ズル休みすんなよ!と思いながら、うちもズル休みだったことを思い出す。

パッと見、難しそうなやつもあったが、小学生でもできるようなやつばかりだった。ただ、水上なので落ちたらビチャビチャにはなるが。息子も娘も、やりたい、できそうなやつに取り組んでいた。やろうとしてできなかったり、怖がってできなかったりしたものもあった。

1年前、熱海の星のリゾートに泊まった時に、息子も娘もボルダリングに挑戦した。ワイヤーついているので落ちても大丈夫なんだが、二人ともビビってあまり高く登ることができなかった。その時、私はあまりのできなさにイライラして二人共に怒ってしまった。今思うと、何も怒るようなことではない。楽しみに来てるんだから、何をしようとしまいと、何かができようとできまいと、楽しめればそれでいいのだ。

その当時はまだ「する」ことにフォーカスがいってたので、「何かできることはいい。何かできないことは悪い、価値がない。」って思っていたんだろうな。そう思うと今は、そんなことは思わなくなってるなと気づく。

ちょっとトラブルがあった。娘が順番待ちをしていたのに、割り込みをされた。そのアスレチックはターザンみたいなやつで、自分の順番が来たら向こう側にある乗るやつを、自分でこっちに手繰り寄せなければいけない。

娘の順番のはずなのに、知らんクソガキが乗るやつを手繰り寄せていた。娘はその横でどうしたらいいかわからない風な様子だった。それに気づいた私は向こう岸にいたが、そのクソガキに向かって「順番守ってよ〜!」と何度も言った。ふとみると、そのガキの親も注意している。娘にも「並んどったって言いな!」と声をかけたが、娘は言い出せずにいた。奥さんも娘にそう言っていた。

見かねたので娘の近くまで行くと、乗るやつを手繰り寄せ切ったクソガキが、娘に「どうぞ。」と言って乗るやつを差し出し、自分はどっか行った。

娘は手繰り寄せることからしたかったが、それができなかったので不貞腐れて「もうやらん。」と言い出したが、奥さんが説得して乗せていた。

善意で手繰り寄せてくれたのか、あれこれ言われたから仕方なく譲ったのかは知らないが、娘も手繰り寄せるやつがしたかったなら、はっきりそう言ったほうがよかった。これは、私もそうだ。自分が変わればとか、自分が対処すればいいとか思いすぎて、相手に何も言えなくなってしまっていた。最近になって僅かに言えるようになったが、言いたいことや思っていることは言わないと伝わらない。言えないと、結局泣き寝入りになってしまう。

ただ、言ったほうがいい結果を招くのか、それとも言わないほうがいい結果を招くのかはわからない。どっちとも言えない。強いていうなら、言うにしても言わないにしても、選択した方に対して「これでいい。」と決めることかなと思う。

その後、娘は拗ねてしまって奥さんとどっか行った。私と息子は、その後も水上アスレチック、それからそのそばにあった別にアスレチックを楽しんだ。

しばらくして、奥さんと娘の姿が見えたので合流した。奥さんが必死に盛り上げてくれて、ようやく機嫌が治ったらしく、娘も僅かに楽しそうな顔をしていた。体調悪い中、そして暑さに弱いのに暑い中一生懸命頑張ってくれたんやなと思うと嬉しかった。

ただ、その後、娘がすぐ息子に過剰に反応して怒り出したので、「いい加減にしろ!」と怒った。これ以上不機嫌になると、奥さんも耐えられないだろうと思ったからだ。結果、奥さんが娘のフォローをすることになったので、私の言動は本末転倒だった。

その後は、息子も娘も機嫌よく楽しそうに遊んでいた。奥さんは途中で離脱して車へ戻ったが、3人でまだ行っていないアスレチックへ向かうことにした。誰もいない森の中のアスレチック。

アスレチック盛りだくさん!という謳い文句だが、結構似たようなものがたくさんあった。ただ、息子も娘もしっかり楽しんだ様子だったのでよかった。

宝塚市内へ行き、ご飯、ケーキ

GREENIAを出た後は、宝塚市内まで行きお昼にしたいと思った。最初の計画では、GREENIAの食堂でご飯食べる予定にしていたが、全員からブーイングを食らったので予定変更した。行く場所が決まっていなかったので、とりあえず宝塚駅まで向かうことにし、近くのファミマに車を止めてお店を探した。

プラレールみたいなので料理が運ばれてくるグラタン専門店が気になったが、息子が食べられそうになかったので、適当なイタリアンのお店へ。近かったので5分くらいで到着するも、ラストオーダーが終わっていて入れず。14時回ってたからなぁ。

みんなお腹空いてたので、空いてることが確実なチェーン店へと切り替え、くら寿司へ。ここでモルカーのマグネットが当たる。

くら寿司を出た後は、予定していたケーキ屋さんを2店舗回る。どちらもこぢんまりとしたケーキ屋さんで、最初に行ったミラヴェイユというケーキ屋さんは、どのケーキも綺麗で美味しそう。種類も結構あったし、チョコレートもいっぱいあって、良さげなケーキ屋さんだった。もう一つはボチボチかな。

初め、17時ごろに待ち合わせと聞いていたのに、当日急に16時半と言われて奥さんが受けてしまったので、宝塚SAへ行くのは断念した。でも、そう決めたのは自分だから人のせいにはしない。自分で車を運転しているから、約束なんか無視していきたいところへ行くこともできたしなぁ。まぁ、私が行きたかった場所じゃないからそうはしなかったけど。

犬ゲットして帰る

約束の少し前の時間に待ち合わせ場所に到着。犬ゲットして、サービスエリアにちょっと寄って帰る。サービスエリアに入る時、マスクしてないことに気づいたが「もうマスクしたくないわ。」と思ったので、そのまま店に入って買い物した。なんか言われるかなと思ったけど、特に何も言われなかった。

多分、ここ1ヶ月くらいニュース見てないから、今コロナがどうなっているかとか全く知らない。増えてんのか減ってんのか知らんけど、マスクうんざりしたからできるだけ外そうと思う。

帰り際、アスレチックで疲れたのかかなり眠気がやってきた。「なんでもできる。」と思いながら、この眠気はいらないと思うと、タイムラグはあったけど嘘のように眠気がなくなったことがあった。

いろんなことに対して条件付けをしていたり、そもそもできないと思い込んでいることが多いんだろうなと思った。起きていることは私が見ている夢で、夢の主人が私ならなんでも好きなようにできるはずだ。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。