入院からの帰宅

今日は娘の入院から帰ってきた。2泊3日、結構しんどかった。何がしんどかったって、病棟から1日1回しか外に出られないことだ。同じ病院内もNG。ずっと同じ空間で過ごさなければいけないこと。食事を断ったから、食事の調達をどうしようかあれこれ考えないといけないことが大変だった。

まぁ、なんとかなったけど。クッソ狭い畳一枚分もないベッドで二日間も寝たらしんどかったわ。

娘は入院してから手術までは明るく楽しそうだったが、いざ手術台に登ると、怖くなったのか泣き出した。麻酔のマスクするのを嫌がったので、私が抱きしめた後看護師さんが半ば無理やり装着していた。マスク装着から5秒もしないうちに眠っていてびっくりした。

簡単な手術だと聞いていたから、そこまで不安にならないだろうと思っていたし、実際待っている間もそんなに不安にはならなかった。でも、手術が無事終わって娘が大丈夫だとわかるとホッとして力が抜けた感覚があった。

でも、娘が目覚めてからが大変だった。痛い痛いと泣き叫ぶのだ。鎮痛剤も手術中に使ったらしく、まだまだ使える時間ではない。だから、ずっと娘の手を握って頭を撫でたりしていた。1時間か1時間半くらいそうしていると、少し落ち着いてきた。iPadを持たせてyoutubeを見出したから、気が逸れたのもあると思う。

でも、2〜3分落ち着いたと思ったらまた「痛い〜!」と泣き出すのを何度も繰り返した。あのあたりが一番しんどかった。

目が痛いと言い出した後はお腹が痛いと言い出した。朝からずっと何も食べていないから、そのせいでお腹痛いんだろうなとは思っていたが、食事できる時間までまだまだあったし、そうじゃなかったらどうしようという考えがあってどうすることもできなかった。

奥さんと息子が見舞いに来てくれるというので、ついでにマクドを買ってきてもらった。その他必要だと思うものも持ってきてもらった。小児病棟だから感染症に注意を払っているらしく、中学生以下の子供は見舞い不可だった。

奥さんと息子とガラス越しに話をして、マクドを受け取った。息子が娘にぎゅーしたいと言っていたのが少し感動した。手術前もずっと気にかけてくれていた。最近喧嘩をすることが多くなったが、根は大事に思ってるんだろうなと思う。

病室に戻ってマクドを食べると、途端に元気になった。やっぱり腹減ってるだけだったみたいで安心した。その後はどんどん元気になっていった。

17時ごろ、眼帯を外していい時間になったので外す。目が充血して真っ赤っかだった。娘が見たいと言って鏡を見たが、思ったよりも真っ赤になっていたから「怖い!見たくない!」と言ってビビってしまった。眼帯外したのを写真撮って奥さんに送ろうと思ったが、それも「ママに見られなくない」と言って拒否していた。

晩御飯、近くでテイクアウトできそうなお店がピザかラーメンだったので娘の希望を聞くとラーメンと答えた。ラーメン嫌い嫌いと言っていたのに珍しいと思ったがありがたいチョイスだった。

19時ごろお店に電話してテイクアウトの注文をする。病棟から歩いて取りに行く。今日初めての外出だ。19時過ぎているというのに、夕焼けがめちゃくちゃ綺麗だった。カメラ持っていって正解だった。写真撮りながらとぼとぼ歩いてラーメン屋さんへ。

可成也の店員さん、めちゃくちゃ可愛い店員さんだった。ちなみに、看護師さんも可愛い看護師さん結構いた。

ラーメンの味はまぁぼちぼちかな。テイクアウトしたから味が落ちてるんだろうと思った。店でちゃんと食べたら美味しいラーメンだと思う。

夜は元気になった娘と、娘が好きなyoutuberの動画を見たり、ハッピーセットのおもちゃを使って一緒に遊んだりした。

退院当日。朝5時半に娘と一緒に目が覚める。特にすることもないのでモンハンしたり、娘と一緒に動画見たりしていた。8時半の診察までに出れる準備をしておこうと思い、せっせと片付けした。

診察は同じ病棟の5階。ドアを開けてもらわないといけないので、インターホンを鳴らす。診察があることと名前を告げる。なかなか開けてくれない。やっと開けてくれたので入ろうと思ったら「子供さんは入るな!」とすごい剣幕で止められた。

「診察があって、ここで待つように言われました。」と言ったら今度は「じゃあ、子供さんだけ入って!」などと訳の分からないことを言われる。そうこうしていると、担当の医師が来てくれて呼んでもらえる。診察の間、ずっとあのクソババア看護師に腹立ってた。今思ったら一言言ってやればよかった。早く病院から出たかったから言わんかったけど。

そんなこんなで入院から帰ってきた。入院ってしんどいな。もうしたくないわ〜と娘ともども思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。