借金は世の中に貢献する行為

借金をしているのが気持ち悪い。借金は悪いこと。
お金を借りることについては良くないイメージを持っている人が多いと思います。

なので、住宅ローンにしてもどの借り入れにしても、借り入れ額を減らすことやなるべく借りないこと、借りた後は早く返すことに躍起になる人がいるんだと思います。

何か悪い荷物を背負わされているかのような気分なのでしょうか。

ここで、借金に対するイメージが変わるお話をします。

私は借金は社会に貢献する行為だと思います。
なぜなら、借金をすることで世の中に回るお金の量が増えるからです。(銀行で借金する場合です。消費者金融とか信販会社は知りません。)

例えば、私が徳島県にある阿波銀行から住宅ローンを借りるとします。
住宅ローンを借りる前の残高は阿波銀行が1億円だとしますね。
1億円入っている阿波銀行の口座から私が3000万円を借りるとします。
私がお金を借りた後は阿波銀行のお金は1億円から7000万円になって、私の口座に3000万円のお金が入る。そう思いますよね?

でも、実は阿波銀行の口座は1億円のままで、私の口座というか通帳に3000万円と記帳するだけなんです。

住宅ローンを借りる前、全体のお金は阿波銀行に入っている1億円だけだったのが、私が3000万円借りることで全体のお金が1億3000万円になります。

お金増えてますよね。銀行はお金を貸したと言いますが、実は借りてなんかないんです。正しくは銀行に生み出してもらったんです。詐欺っぽいですが(まぁ、銀行の成り立ちがもともと詐欺からですが。)、これは合法です。詳しく知りたい人は「信用創造」というのを調べてみてください。

この詐欺くさい仕組みがあるおかげで、私たちはお金がたまるのを待つ前に家を買ったり車を買ったりということができるのです。本当に銀行が持っているお金を貸していたら、審査はとんでもなく厳しくなるでしょう。

話を元に戻します。
私たちがお金を借りることで全体のお金が増えます。増えたお金は世の中を回ります。お金が増えた分、銀行に戻しますから銀行の手持ちが増えます。それを元に企業などにまたお金を貸し、企業がお金を使います。その先でもまたお金が使われというふうにお金がどんどん回っていきます。

これが国が「家を建てて住宅ローンを借りてくれ!」と言っている理由の一つだと思います。なので、現金一括で受けられる減税額はしょぼいのに、住宅ローンを借りて受けられる減税額は大盤振る舞いなのです。

これを知っているからといって、銀行に「お金なんか借りていないから返さない!」というのはもちろん通用しません。
でも、お金を借りることが世の中に貢献できることなんだということはわかっていただけたのではないでしょうか。

住宅ローンはたくさん借りておいて、手元に置いたお金を運用したほうが得ですしね。

とにかく「お金を使おうぜ!」ということですね。

P.S 浮気に対するイメージを変えてくれる強者は現れないんでしょうか?(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. いつも、ポジティブなるかも考えで励まされます。これから住宅ローンを契約するところですが、あんまりいい気持ちではありませんでした。せっかく家を建てるのに。
    でも少し考えを変えることが出来そうです。
    ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。