仕事を辞めたいという弟に行ったアドバイスとは?

IMG_5864「兄ちゃん、今年いっぱいで日亜やめるって決めた。」と久しぶりに会った弟に言われました。

弟は日亜化学という、徳島県内の企業では有数の企業に勤めています。そのため、そのまま勤めていれば、会社がつぶれたりしない限り安定した生活を送れます。

なぜやめたいのか?と訪ねると「確かに給料はいいけど、やりがいもないしやりたい仕事でもないし、先が見えているとふと思って、ものすごく辞めたくなった。」と返ってきました。

ただ、何かやりたいことがあるかと言われると見つかってもいないし、辞めて本当に大丈夫かどうか不安もすごくあるということでアドバイスを求められました。

私のアドバイスはまず「仕事は今年いっぱいではなく、今すぐ辞めろ。」というものです。

なぜなら、せっかく「辞めたい」という直感が出てきたのに、あと9ヶ月も引っ張ってしまうと、「本当に辞めて大丈夫か?」という不安が大きくなってしまい、やめるのをやめてしまう結果になりかねないからです。というか、たぶんそうなります。頭の中の不安の声というのはそれだけ強力です。

一度辞めるのをやめてしまうと、それが癖になります。今度辞めたいと思ってもまた同じように不安に感じて辞めるのをやめてしまい、、、というのを繰り返しているうちに、そのうち不感症になって直感が湧いてこなくなります。

直感が出てきているうちに行動すべきです。頭の中の声に流されてはいけません。辞めたいと思ったらその日のうちに辞表出すくらいの勢いでいいのです。

次に、やりたいことが決まっていないけどどうすればいいか?ということに対しては「何も考えずにやりたいことをやれ。」とアドバイスをしました。

この「やりたいこと」とはやりたい仕事ではありません。あくまでやりたいことです。

音楽を聴く、ドライブする、ボウリングに行く、友達とご飯を食べる、風俗に行く、などなど、その場その場でやりたくなったことを素直に実行すればいいのです。

一見すれば将来の仕事につながっていないようなことでも、後々で振り返ってみると「あのときあそこに行ったから今があるんだ。」ということがよくあります。

何も考えずに、直感に従って動く限り失敗はありません。ただ、頭の中の声と直感は区別できるようになっておいた方がいいですが。

本当に辞めて大丈夫か?という不安に対しては、「先のことは考えるな。」とアドバイスしました。

不安は先のことを考えると絶対に出てくるものです。

「仕事を辞めたはいいけど、何の仕事も見つからなかったらどうしよう。」

「またやりたくない仕事、しかも給料の低い仕事しか見つからなかったらどうしよう。」

「給料低い仕事しか見つからなかったら、結婚したり子どもを作ったりするのも無理かもしれんな。」

「孫の顔を見せないのは親不孝やなぁ。」

「・・・ほんとに仕事辞めて大丈夫かな。。。」

弟から聞いたわけではありませんが、彼の頭の中でぐるぐるしている考えはだいたいこんなところだと思います。

これらは何一つとして、今実際目の前で起こっていることではありません。そんなことを考えても意味がありません

ということで、何も考えるな、先のことは考えずに今に集中しろと伝えました。

弟にしたアドバイスをまとめると「今やりたいことをやれ。」になります。

会社を辞めることも、今会社を辞めるということをやりたくなったのでそれを素直に実行すればいいのです。わざわざ9ヶ月も延期する必要はありません。

直感に素直に従って行動する。これをしておけば失敗することはありません。あなたはせっかく直感が出てきたのに、頭であれこれ考えてできなかったこと、できないでいることはありませんか?

行動するためには思い切りが必要です。思いを切る。つまり、頭の中の思考を切る必要があります。頭であれこれ考えず、やりたいことをどんどんやりましょう。

 

P.S ちなみに、弟は先日安い風俗に行って性病をもらってきたみたいです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。