人生楽チンモードで生きるのはこんな感じ

人生は頭であれこれ考えて動くのではなく、その場その場で流れに身をまかせる方がうまくいきます。

私は今、車を3台持っています。
遠出をするときはポルシェのカイエン、私一人でどこかへ行くときはベンツのSLKというオープンカー、近くに行く時にはフィアット500に乗ります。

ポルシェの方がちょこちょこ不具合が起きて来て、先日神戸に出かけているときに動かなくなったんです。そこで、徳島の販売店経由で神戸のディーラーに修理を依頼しました。1週間か10日くらいして返って来たので、久しぶりに運転してみようと思って運転していると、「ガシャーン!」と大きな音がなりました。

「え?なになに?」3車線ある国道を走っていましたが、慌ててハザードをつけて路肩に止めます。もう一度発進しようとしても、うんともすんとも言いません。また動かなくなりました。修理後の初日ですよ。

また徳島の販売店経由でディーラーに修理を依頼します。どうやら部品の取り付けミスがあったらしく、走っている最中に部品が外れて動かなくなったとのこと。そこからまた1週間ほど入院することになりました。

特に怒りは湧いて来ませんでしたが、私の中で「ポルシェは最悪」という判断が起きました。(細かいことですが、満タンにしていたガソリンが「試運転のため」と1/3くらい減っていたのになんの言葉もないことにもイラっとしました。代車はガソリン満タンで返せっていうくせに!)

さらに、奥さんが車の荷物の乗らなささにイライラしていました。
一番大きなのはポルシェなんですが、車体が大きいわりになぜかトランクが狭くて荷物が全然乗らないのです。

故障続きでうんざりしていることと、奥さんが「もっと荷物乗る車が欲しいわ〜。」と言っているのを聞いて、「車3台もいらんよな〜。」と思ったことから車を整理しようかなと思い立ち、いろんな車を見ていました。

ネットで色々調べて、気になった車があったらディーラーで見て見ます。ボルボのXC90とルノーのカングーが気になったのディーラーまで見に行きました。見ましたけど、特に心惹かれなかったので買うには至りませんでした。

そんなある日、大阪に行く用事ができました。その時に大阪にディーラーがあるテスラによってみようと思い、よることにしました。
ネットで見て、モデルXという車も気になっていたからです。

用事が終わって夜18時半ごろ、テスラのディーラーに到着しました。2台展示してあるうちの1台を見ていると、店員さんが声をかけてくれて色々説明してくれました。そのあと、「よかったら試乗してみませんか?」という誘いを受けます。

前回テスラに行った時は、試乗は予約が必要だと言われてできなかったのでびっくりしました。
私:「え?試乗できるんですか?」
店員さん:「できますよ。」
私:「じゃあお願いします。」
店員さん:「かしこまりました。ただ、モデルXはこれから試乗の予約が入っているので、隣のモデルSでもよろしいでしょうか?」
私:「(中身は同じだろうから)いいですよ。」
店員さん:「では、準備してまいりますので5分ほどお待ちください。」

ということで、準備ができるのを待っていました。
5分後、店員さんが「モデルXを予約されていたお客様が、やっぱりモデルSの方に乗りたいと言われているので、モデルXの試乗ができますが、それでよろしいでしょうか?」と言って来ました。もちろんOKします。「不思議なこともあるもんやな〜。」と思いながら。

店員さんがセールススタッフに代わり、一緒に試乗しました。私はハイブリッドカーや電気自動車はゲイが乗るものだと思っていたんですが、いざ試乗してみると快適すぎる装備やぶっ飛ぶような加速感に一目惚れしてしまいました。

試乗終了後、「いい車やな〜。」と思っているとセールスフタッフが「もう少しお時間よろしいでしょうか?」と聞いてくるので「大丈夫ですよ。」と答えます。

個室に通され話を聞くとテスラはまだ電気自動車がそこまで普及していないことで心配されるお客さんが多いことから、高額な買取保証制度があると説明されました。5年間、5万km走っていても、オプションを含めた価格の43%で買取を保証しているというのです。参考までに同じ電気自動車の日産リーフは本体価格の23%です。

高額な買取保証のおかげで、月々の支払いが少なくて済むと説明されます。
ただ、それが12月13日で終了すると教えられました。その日は12月8日でした。「もうすぐ終わるやん!」

さらに、テスラは12月が決算らしく、12月に1台でも多く納車したいそうです。そこで、在庫車でよければ通常ローン金利が1.9%のところ、0.1%でいいと。

在庫車の一覧を見せてもらいましたが、いいなと思うものもあります。

今、ポルシェもベンツのローンを払っていますが、テスラをローンで買ってもポルシェとベンツのローン支払額と変わりません。さらに、自動車保険も2台から1台になるので安くなりますし、テスラは自動車税が免税なので2台分毎年の自動車税がいらなくなります。ガソリンを入れなくて良くなるので、ガソリン代も減ります。それに、いちいちガソリンスタンドに行かなくていいというのが最高です。

早い話が、買い換えたほうが得なのです。「この車いい!欲しい!」と思ったら、頭を納得させる条件も揃いました。ただ、大きな買い物なので1日寝かして見て、まだ欲しかったら買おうと思い、その日は決断せずに帰りました。

次の日、やっぱり欲しいと思ったの買うことにしました。買うことにしたというよりも、買うようになっていた、買うように話が進んでいった感じですね。

もし、ポルシェが不具合なく走っていたら、奥さんの言葉がなかったら、試乗出来たのがモデルXではなくモデルSだったら、高額な買取保証がなかったら、もしくは期限がもっと長かったら、買いたいと思える在庫車がなかったら、購入には至っていないでしょう。

では、時間を遡ってポルシェが故障して動かなかったところまで戻りましょう。果たして、ポルシェが故障して動かなくなったことは「悪い」出来事だったでしょうか?
P.S 時間を20年くらい遡って、母親にオナニーを見られたのは悪い出来事でしかないですけどね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。