人生を満たされたものにする方法

人生を満たされたものにする方法

この画像を見てください。
真っ黒ですよね。

これは普段私たちがあえて見ようとしている景色です。はじめはそうではありませんでしたが、あえて見ようとしている期間があまりにも長すぎて、これが当たり前になってしまいました。

この黒は「不足」を表していると思ってください。
私たちは物事の「不足」部分をわざわざ見ようとしています。

上の画像は真っ黒ですが、実は下の画像の一部なのです。

黒い部分はほんのわずかで、後は白というのが本当の画像です。
白い部分は「満たされている」部分です。
しかし、黒い部分にあえて目を近づけるというかくっつくことで黒いところしか見えなくなっています。

少し後ろに引けば「満たされている」部分が見え始めます。もっと後ろに下がってみると、もっと「満たされている」部分が見え始めます。

繰り返していくと真っ白になって、黒い部分はほんのわずかだったということに気づきます。

私たちは、これ以上何も必要ないというくらい満たされているのに、わざわざ「足りない」ところを発見し、そこに集中し「足りないんだ!」「満たされていないんだ!」と叫んでいます。

おなかがすいたときに食べ物を食べられること、雨風をしのげる家があること、家族がいること、好きなときに誰かと連絡が取れること、調べたいことをすぐ調べられること、好きな場所へ行ける移動手段があること、などなどあげていけばキリがありません。

これらのことは「あって当たり前」と思っているので見えていません。見ていていないので黒いところが目立ち、そこに意識を集中してしまっています。黒いところ、つまり「不足」に意識を集中するから不足を経験することになります。

もっと満たされているところを見るようにしてみてください。当たり前のことを当たり前だと思わないことです。実際当たり前のことなんか一つもありません。蛇口をひねれば水が出ますが、その水を出すためにどれだけの人が動いてくれているでしょうか?さらに、蛇口から水を出すということを発明した人やその人が生まれて蛇口から水を出すという発明をするまで支えた人もいます。

あなたが普段使っているものやサービスが、あなたのところに来るまでの経緯を想像してみてください。どんどんさかのぼって想像してみてください。すべてのものに「奇跡だ。」と感じるようになるでしょう。

それができるようになったら、日常にあふれる奇跡を見るようにしてください。そして、それに「心から」感謝してみましょう。感謝できない瞬間などないことに気づくでしょう。

それが、あなたの人生を満たされているものでいっぱいにしてくれます。

Let us know your thoughts about this topic

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です