不自然に遅い車に感謝した話

またまた、先日行った旅行の話です。

私の自宅は目的地のネスタリゾート神戸まで車で1時間半のところにあります。

15時にチェックインで、それまでプールで遊ぼうと思いましたが、あんまり早く着きすぎてもすることがなくなってしまうと思ったので、12時くらいにネスタリゾート神戸に着けばいいかと思っていました。

ネスタリゾート神戸へは、三木東ICを降りていきます。そこを降りなければ三木サービスエリアという大きなサービスエリアがあるので、そこで昼食を取ってから行くことにしました。ネスタリゾートには魅力的なお昼ご飯がなかったんですよね。

11時前に三木サービスエリアに到着し、お昼ご飯を食べた後11時40分ごろに再度出発しました。

サービスエリアからネスタリゾートまでは車で20分くらいです。

高速道路を走っていると、やたらと遅くて不自然な車が前を走っていました。加速や減速を繰り返し、私が前に出るのを妨害しているのかのような動きでした。

以前の私なら間違いなく後ろから煽っていたと思いますが、「よしよし、これも自分で起こしてることや。順調順調」と思って特に何もしませんでした。隣で奥さんが「目の前の車ウザいから抜いてくれ!」と言っていましたが、スルーしてそのままにしていました。

そのおかげで、思ってたよりも少し遅く到着したんですね。といっても5分以内ですが。

チェックインは15時からなので、先に荷物だけでも預かってもらおうと思い、フロントを尋ねました。すると、同じことを考えていたお客さんが先にいたので少し待ちます。そのお客さんは荷物を預けてプールかどっかに消えて行きました。

私の番です。すると係りの人がこう言います。

「たった今宿泊されるお部屋の掃除が完了しました。本来は15時からですが、今回は特別に今からチェックインしていただいて大丈夫です。」

ということで、15時チェックインの予定なのに12時半にはチェックインできました。そのおかげで、水着への着替えもスムーズにでき、いらない荷物も置いていけたのでとっても楽チンでした。

もし、私が以前の私がしたみたいに、遅い車を煽りまくって抜いていたら、きっと到着がはやくなってチェックインは15時になっていたと思います。

あの不自然に遅い車は、私の到着をわざと遅らせるために私自身が仕組んだことだったんだろうなと思います。

何か嫌だと判断できるようなことが起こったとしても、「何か意味があるのかもしれない。」と思ってとっさに反応しないことの大事さに気づいた出来事でした。

イラついて煽るというのは、私の中に条件づけられた反応でした。「遅い=良くない」という条件付けがあり、前の車が遅いせいで到着が遅れる、思い通りにいかないという判断から、いかりやイライラと呼べるような感情を起こして、思考が行動を乗っ取ろうとします。

それを一歩後ろの立場で眺められると、煽ることもできるし静観することもできる立場に立てます。そうなれば、自分が本当に取りたい行動をとることができます。

そして、条件付けは他人から与えられて、あなたがそれを選択しているものです。つまり、本来はあなたのものではありません。

昨日に引き続きですが、今、あなたがとっている態度や言動は、本当にあなたが望んでいるものですか??

P.S 早ければいいってもんじゃないのは、セックスに通じるものがありますね(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。