ラーメン、写真、パコパコ

やっぱり知らん

昨日、寝る前にふと「それは在る」の本の一文を読み返した。自由意志のところが気になった。

その一文の中に、私がそうだとするなら、そうとしか考えられないという文章を見てピンときた。

何かを定義したら、そうとしか考えられなくなる。考えられなくなるということは自由を失うということ。ということは、何かを定義することは自由を失うということだと。

ということで、やっぱりなんも知らんというスタンスに落ち着く。

それに関連してクォンタムリヴィングの文章も読んだ。「何もかもただ起きていると認める子どだ。あなたの決定など必要としない。何もかも自動的に起きている。」という文章だ。

そうかもしれないし違うかもしれない。ただ、出来事に因果関係はなく、ただ起きているだけなんだろうなと思えるようになった。

澤のラーメンに二度がっかり

お昼ご飯は前からほんのり食べたかった醤油系のラーメンを食べに澤へ。

奥さんから限定ラーメンがアゴだしと丸鳥のラーメンというのを聞いて、それを食べたくていった。

しかし、お店の入り口に書いてある限定メニューは「スタミナラーメン」どうやら、駅前の澤と勘違いをしているようだった。

がっかりしたけど、今から場所変えるのも面倒だったので、いつもの醤油ラーメンを食べることに。

ところがこれでもさらにがっかり。いつもより明らかに味が薄かった。いつもは端が止まらないくらい美味しいのに、今日は薄かったなぁ。それとも、自分の味覚が落ちてるんだろうか?コロナかな。

お写ん歩+残りの建築写真

ドンキで買い物して家に帰ってきた。一息ついたので、昨日取れなかった写真を撮りに行くことに。

眠いから、眠気覚ましも兼ねて歩いて向かう。途中気になった風景を撮る。レンズ買い換えることにしたから、このレンズとももうすぐお別れだ。

「今日は写真撮影大丈夫です。」というLINEが入っていたので、安心して部屋に入るが、床がめっちゃ汚いの。

それでも、頑張って写真を撮る。ロフトの写真を撮るためだけに三脚持っていけないので手持ち。SS1/10,f8くらいの設定。手ブレしないようにがっちりカメラを持って撮る。

手持ちでこんだけ撮れたら上等だろう。と思えるくらいの写真が撮れた。

写真を撮り終えて帰るときに、木材に思いっきり膝ぶつける。

早速パコられる

娘の犬を花婿であるチワワと会わせてみた。もう秒殺でパコってた。どんだけムラムラしてんねん。

パコられている写真を美しく加工。インスタで見た美しい犬の写真に近づいた気がする。いい感じ。背景とかもどっかから引っ張ってきて合成したらいいわ。

何もかも理由なく起こってる。だとしたら、自分が「これを経験する」と指定したようになるんじゃないか。そんなことを思ってみた。でも、結局答えはわからないし、わからないほうがいい。考えている間、人生を損する。

そうなればいいし、そうならなくても人生を味わって楽しめばいい。

息子が昨日先生へ書いた手紙。めちゃくちゃ喜んでくれたらしく、涙を流していたようだ。誰に言われたわけでもないにの手紙を書いて渡した息子。素晴らしいなと思う。本人もさぞ嬉しかっただろう。

娘は意地悪してきた子が気になっていたが、その子と仲良く遊んだらしい。拍子抜けしたが、本人がそれでいい気分で、楽しめたなら問題ない。

二人ともいい感じに成長していて嬉しいなと思う。

今日も楽しい1日だった。そして、最高に幸せな人生だった。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。