フォンダンショコラ、犬の見学、ケーキ屋さんへ行くも、、、

午前中は何をしていたか全然覚えてないわ。特にしたいこともなく、することもなくぼーっとしていた気がする。ぼーっとしていたら娘がスプラトゥーン一緒にしようと誘ってきたので、小一時間一緒にやった。上手くなってるな〜。成長を喜びたい気持ちと、負けて悔しい気持ちとが同居してた。

あとは、息子がいつもパソコンでやって車を作るゲームをやった。これは、一緒にじゃなくて一人で。作った後で驚かせようと思ったからだ。結局完成する前に見つかったけど。完成したら早速息子が作った車を運転していた。私もやりたかったが、なかなか代わってもらえなかったのでちょっとイラッとした。特に何も言わなかったけど。それでも、息子は私が作った車を操作して楽しそうだった。

子供が休みになるたびに、一緒に何かしたいと思うのだが、特に思いつくことないまま終わってしまうことが結構あるなぁと感じる。なんでもいいから一緒にやればいいんだろうけどな。考えれば考えるほど行動できなくなるし。

フォンダンショコラに挑戦

息子が、一昨日くらいからチョコレートのロールケーキにハマっている。それまでは、ポッキーや板チョコは食べていたが、チョコレートのケーキはあまり好きじゃないらしく、食べることはなかった。でも、奥さんが「食べてみる?」と渡して食べたのがかなり美味しかったようで、妹の分まで奪ってまで食べようとしていた。

それで、チョコ系のものはいけると思ったのか、今日はフォンダンショコラに挑戦していた。これは業務用スーパーで売っている、冷凍のフォンダンショコラ。レンジでチンしたらすぐ食べられるお手軽なヤツだが、この上なく濃厚でかなりうまい。それを今日は息子が「これ食べてみたい。」と自分から言って食べていた。美味しかったようだ。

息子は食べ物にしても、何かすることにしても、やらない、できないということが多くあった。何年か前はそれにイラつくこともあったが、最近では、そう思うことも無くなった。何かできてもできなくてもいいということが板について来たんだろうなと思う。

それに、できることが少ない息子だからこそ、何かができるようになる、何かを食べられるようになる喜びが大きい。

息子はただ自分が思うように、感じるように生きているだけなんだろうけど、その姿を見て私も奥さんも喜びや感動をもらっている。

犬の見学

昼過ぎからは、犬の購入希望者が見学に来た。その前、部屋を片付けたり、奥さんが準備をしていたが思ったように進まず、いろんな妨害が入ったようでかなりイライラしていた。「どいつもこいつも私をイラつかせる!」と怒っていたが、実際は自分が怒りたくて怒っているだけだ。でも、そんな事を言うと、とんでもないことが起こりそうだったので、頭の中で思うだけにした。

出来事から怒りまでの時間があまりにも短すぎるから、誰も自分でそれを選択しているなんて気づかない。出来事→怒りと捉えてしまうから、「あいつが私を怒らせた!」となるのだ。

出来事に対する反応は自動的に起きるもので、それを止めようとするとしんどい。ただ、それを無視することはできる。無視しないのは、何らかの理由、考えがあってそれを選択した方が自分のためになると判断しているからだ。自分のためにならないという判断になれば、その判断は採用されない。

怒ったりするのは、身を守れる、周囲をコントロールしやすくなるというメリットがあるんだろうな。

見学に来た人が、どんな気持ちで見学に来ているのかはわからない。私個人としては、飼う事を決めて欲しいと思っているが、そうならないならそうならないで構わない。こういうところで、本当に執着がなくなっているな〜と気づく。今までなら、決まりそうな案件でも「決まるかな〜。」と不安になっていたりしたが、今日は全然ならなかった。どっちになっても、自分の安心や幸せには影響がないことがわかっているからだ。

結局30分ちょい話をして、飼う事を決めて帰ってくれた。真面目そうな人だから、犬も大事にしてもらえるだろう。

ケーキ屋さんへ行くも

チョコのロールケーキにフォンダンショコラを食べたので、ケーキ屋さんのチョコケーキも美味しいと言って食べるかもしれないと思い、みんなでケーキ屋さんへいくことにした。

が、肝心のチョコでできたケーキがひとつもなかった。いつもだいたい余っているのに、今日に限ってという感じ。まぁ、いつも余っているから生産する個数を減らしたのかもしれないが。

ただ、謎にパンの販売を始めたらしく、美味しそうなパンがいくつかあったので、奥さんと息子が買っていた。娘はミルクプリンを買った。

私は最近、食べることへの興味がかなり薄れている。何も食べなくていいというなら、何も食べないかもしれない。今は「食べないといけない。」と考えているから1日2食から3食食べるが、「食べてもいいし、食べなくてもいい。」と、食べ物から自由になったら、ほとんど何も食べないだろうな。

そんな事はほぼ起こらないと思うが、もし、全人類が何も食べなくて良くなったら、争い事とか問題って結構消えるんじゃないかなって思う。この、外部から何かを得てこなければいけないというのが、いろんな争いの元になっているなぁと思うな

でも、世界にはブレサリアンという空気だけで生きている人もいるし、可能っちゃ可能なんだろうな。赤ちゃんとか子どもは食べる必要があるのかもしれないが、大人になる頃には、食べても食べなくてもいいという自由に選択できるようになったらいいなと思うな。

そうなると、お金に対する不安も減るだろうし。食べなくても大丈夫だったら、住むところと着る服だけあれば別に生きていけるし。

そんな事を考えている今日この頃。ちょっとずつものを食べる量を減らしていこうかなぁと思っている。

ケーキ屋さんにチョコケーキがなかったので、近くのスーパーへ行ってチョコロールケーキを買った。その隣に「オレオチーズケーキ」という、オレオ大好きな息子が喜びそうなケーキがあったので買った。

特別なこともなく、特別なこともしていないが、普通なこんな日々が幸せだなぁと感じる。この先どんなことが起こるかはわからないが、今まで通り子供の成長に寄り添いたいなぁと思う。

[Prodibi command='{“type”:”grid”,”settings”:{“container”:”yjl0r641e05210o”,”account”:”yuya0602″}}’]

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。