ドラゴンボールは願いを叶えていない

ドラゴンボールは私が子供の時から大好きでずっと見ています。特に、最近(と言っても数年前)アニメで放送された「ドラゴンボール超」の力の大会編は何度も見返すシーンがあるくらい好きですね。フリーザ様が活躍するシーン、それから、最後に悟空とフリーザ様が共闘するシーンは痺れるくらい好きです。

さて、そんなドラゴンボールですが、7つ集めればどんな願いでも叶えられるとされていて、それを集める過程でいろんな争いやドラマがあります。(一部例外があって、叶えられない願いもあるようです)

”願いを叶えてくれる”ドラゴンボールですが、本当にドラゴンボールが願いを叶えているのでしょうか?物語、ストーリー上はそうでしょう。ドラゴンボールを集めて神龍などを呼び出して、神龍などに願いを言えばその願いが叶えられています。

しかし、実際は違いますよね。あたかもドラゴンボールが願いを叶えている”ように見える”だけです。ドラゴンボールを集めるのも、神龍を呼び出すのも、神龍が願いを叶えるのも、やっているのは作者である鳥山明です。

ドラゴンボール自体にパワーがあるわけでもないですし、神龍にパワーがあるわけでもありませんよね。もちろん、悟空にパワーがあるわけでもありませんし、桃白白が人を殺したのでもありません。ここでいうパワーとは、物語の中で何かを起こせることや影響力のことを言います。

ドラゴンボールに出てくる登場人物は誰も何もしていません。全てをやっているのは鳥山明です。それは、あなたが漫画を読む立場で見れば一目瞭然ですよね。全ては鳥山明の頭の中で行われていることで、それが紙の上で表現されたもの。それがドラゴンボールというストーリーです。

これは、私たちの人生という”ストーリー”にもそのまま当てはめられます。私たちの人生の中でも、たくさんの登場人物が登場して、それぞれが自分の意思を持って自由に言動しているように思えます。そして、あれをすればこうなる、あれがこうしてくれる、という原因と結果の法則があるように思えます。ドラゴンボールを7つ集めれば願いを叶えられるというように。

しかし、実際は全てがあなたの人生の作者、つまりあなたの頭の中で行われていることであり、それがあなたというスクリーンに表現されているものです。

あなたを見ようとすれば世界が見えます。詳しくは「頭のない方法」で検索して、実際にそれを体験してみてください。すぐできます。

あなた=世界なので、世界はあなたが表現されたものです。表現されたものに何かを起こしたり影響を与えたりするパワーはありません。ドラゴンボールや神龍や悟空にパワーがないのと同じです。

それと同じように、あなたの世界で教えられているどんなテクニックにもパワーはありません。パワーがある”ように見える”だけです。

引き寄せの法則にパワーがあって、それをやれば願いが叶うのではありません。それはドラゴンボールを7つ集めれば願いが叶うのと同じことです。願いが叶う”ように見える”だけです。お金があれば何かを買える”ように見える”だけで、実際にお金にパワーがあるわけではありません。

本当にパワーを持っているのはあなた自身です。それなのに「引き寄せの法則をやれば願いが叶うんだな。」と思い込んで、一生懸命ポジティブ思考したり、いい気分でいようとするのは、自分が持っているパワーを放棄して、引き寄せの法則にパワーを与えるふりをするのと同じです。ふりをするというのは、実際にパワーを与えられることはできないからです。

それは、鳥山明がドラゴンボールの世界で何かを描くために「ドラゴンボールを集めないと物語が書けない!」と言っているのと同じです。そんなことを言ってたら「え?そんなことしなくても好きなように物語を書けますよね?」と思いますよね。

あなたの世界で見られるも、聞こえるもの、感じられるもの全てにパワーはありません。それらは全てあなたが表現されたものであり、あなた自身ではないからです。ということは、あなたの思考にもパワーはありません。思考も聞こえるもの感じられるものであり、あなたの表現の一つに過ぎないからです。

あなたが自分をあなたの思考だと思っていると、パワーが欲しくなります。そこにパワーがないからです。そして、パワーを得た”ように感じる”ためにあれやこれやをコントロールしたいと思うようになります。思う通りになれば「自分にはパワーがある。世界を動かせている!」という気になるからです。

しかし、実際は思考には何のコントロールもできません。悟空が界王拳を使う時「界王拳を使おう」という思考がやってきて、そのあと界王拳を使いますが、悟空にやってきた思考が悟空に界王拳を使わせた”ように見える”だけで、「界王拳を使おう」という思考と、界王拳を使った悟空には何の関係もありません。界王拳を使おうと悟空が考えたから界王拳を使った”ように見える”だけです。

界王拳を使った、表現したのは悟空でも悟空にやってきた思考でもなく鳥山明です。

あなたが、「自分は思考である」「自分は名前がついた体である」という誤った認識をやめれば、あなたは全てを表現するものになります。全てをコントロールできる鳥山明の立場になりますが、その時は何かコントロールしないといけないことなど何もないことに気づくでしょう。

「いい」とか「悪い」の判断ができないことに気づくので、何かしなければいけないようなこともないと気づくからです。

P.S イクのをコントロールしている”ように見える”だけで、実際にはできていません(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

【無料】”自由”について直接聞いてみませんか?

LINEオープンチャットで自由について私と話せます。ブログを読んで聞いてみたいこと、悩んでいること、雑談、話したいこと、なんでもありのフリーなおトークルームです。

トークルームにいるのは、私と自由に生きている人や自由に興味がある人、探求している人です。無料で参加できます。何かの売り込みや勧誘をすることはありませんのでご安心ください。お金を稼ぐ必要がなくなったので、何かを売ったりする必要も無くなりました。

オープンチャットへの参加は左のQRコードをスマホで読み込んでいただくか、「オープンチャットに参加する」のボタンをクリックしてください。参加も退出も自由です。お気軽にご参加ください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。