テスラの点検、枚方パーク、京都駅周辺散策

出品祭り

今日は、Macに16-35GMの出品をしてた。朝。それ以外のことはあんまり覚えてない。なんせ、2日も経ってしまったら記憶が曖昧だ。

そうそう、息子の支援学級の担任の先生が4年生の時と同じになったと電話で教えてくれた。ありがたいし嬉しいことだ。奥さんは「今年一番嬉しい」と言っていた。しっかり見てくれるから、息子を安心して学校へ送り出せる。

最近は二人で仲良く庭で遊ぶことが多くなった。仲良く遊んでくれる姿を見ていると嬉しい。

テスラの点検へ

16時半からテスラの点検を予約していたので、大阪のサービスセンターへ。12Vバッテリーの交換。今回は新車保証の範囲内なので無料。車検に出したのが昨年末。

3月末に12Vバッテリーが切れたとエラーが出た。大阪や近所に住んでいる人はいいのかもしれないが、遠方に住んでいる人は持っていくのも大変なのに、定期点検とか車検の時に一緒に見てくれたらいいのにって思うわ。どれくらいで切れるかなんて大体わかるだろうに。

テスラ、車はいいと思うけどサービスがいまいちやなぁと感じる。今までいろんなメーカーの車に乗ってきたけど、ダントツで対応悪いなって思う。今回、予約したのに1週間も連絡なしで放置されたしな。点検とか車検に出して洗車してくれんかったんもテスラだけ。

12Vバッテリー、何もないサービスセンターで1時間待ち。ここのサービスセンター嫌い。

ひらパー、夜の遊園地へ

テスラの点検終了が17時20分くらい。それからひらパーへ向かう。意外だったのが、ひらパーまで30分以上かかることだ。もっと早く着くだろうと思っていたが、ちょっとロスだった。

ひらパーへの道、専門学校時代に学校へ通っていた道を走った。もう15年以上前の話なので、うっすらとだが「ここ通ったなぁ。」とか「ここで警察に捕まったなぁ。」とか思い出していた。

走行しているうちにひらパーへ到着。時間は18時ごろだった。

夜の遊園地っていうライトアップを、結構短い期間限定でしていた。人多いかなぁと思ってきたが、そうでもなく空いている方だと思った。

大人は入園のみ、子供はフリーパスで入場した。17時半以降は乗れないアトラクションが結構ありますよと受付で教えてくれたが、うちの子供二人が乗るようなものは大丈夫だろうと思って承諾してフリーパスにした。でも、意外とできないものがあって、二人とも残念がっていた。動物触るやつとか、アスレチックなんかは暗いからできなかった。

始めに乗ったアトラクション。自動運転の車に乗って、車についている銃で何かを撃つ。

息子は楽しかった〜!と言って帰ってきたが、娘は上手いことできなかったのか、泣きながら出てきた。

ここに入るとき、私は入り口から離れて写真を撮る準備をしていた。二人の番になってもなかなか入らず、店員と何か揉めているようだった。気になったので近づいて、何があったのか聞いてみた。すると、奥さんが息子のフリーパスのバンドを表裏逆につけていたらしく、受付から新しいものを持ってきてもらうのに時間がかかっていたらしい。そんなことあるんやなぁとびっくりした。

メインのイルミネーション撮影

大きな広場にある、一番メインのイルミネーションを撮影した。撮った後で、三脚構えて長時間露光で撮影したら良かったと気づく。でも、まぁまぁ綺麗に撮れたんじゃないかなと。

続いて、USJにありそうなやつの撮影

子供達がちょこちょこアトラクションに乗っている間に撮影。まぁまぁいい感じじゃない。

やりたいアトラクションがどっちもNG

息子はアスレチック、娘は動物触るやつがやりたかったのに、どっちも夜はやってないとのこと。仕方ないので、先に晩御飯を食べることに。遊園地の中なのにマクドがあったり、食べ物が充実しているなぁと感じる。

レゴランドが特にそうやけど、遊園地オリジナルレストランってそんなに美味しくないのに高いから、ひらパーはマクドとかポムの樹とかチェーン店入れてて素晴らしいなと感じる。

娘はマクドの前に光るわたあめをゲット。

俺が乗ったるわ!と優しさを出すも、、、

娘が、ブランコみたいなアトラクションに乗りたいと言い出した。息子に一緒に乗ろうと言っていたが、嫌だと断られる。仕方ないので私が一緒に乗ろうかというと、優しさを出したのか息子が「俺が乗ったるわ。」と言って、二人で一緒に乗ることになった。

小さい子供向けのアトラクションやし、いつもやってるブランコと大して変わらないから大丈夫だろうと思ってた。が、結構怖かったらしく、「これ!いつ終わるん!」と絶叫していた。

娘は気に入ったらしく、何度も乗りたいと言って乗っていたが、息子はそれっきりだった。

これは135mmで撮影したが、夜なのにまさかのPLフィルターつけっぱなしで撮影してもうた。やけにISOが高いと思ったわ。

寝そべってぐるぐる回るアトラクションに乗る娘。

次は、子供二人でいたずら魔女の何とかというAVのタイトルみたいなアトラクションに入っていた。ミニゲームをクリアしていく的なものだったが、娘はまたもうまくできなかったのか泣きながら出てきた。悔しくて泣くのもOK。感情を抑え込んでしまうと、後々しんどいからな。息子は楽しかったようだ。

今回は絶叫しませんでした

子供版フリーフォール。これも娘は楽しかったようで、何度も乗りたいと言って2回乗った。営業時間終了間際だったから2回で終わったけど。

観覧車とイルミネーションを撮影。いい感じに撮影できたと思う。

土産物ショップでまさかの出来事

最後、出口間際の土産物ショップで買い物をすることに。謎にドラクエとかスプラトゥーンとかカービィとかのグッズが充実していたので見応えがあった。

息子はちっちゃいゲーセンのおもちゃ。中身はマッピー。娘はなんかよくわからん猫とか羊とかのぬいぐるみを買った。

二人とも結構な値段したが、買ってあげたいと思ったので買った。

レジに並んでいる時にそれは起きた。前に50代くらいのプチセレブみたいなオバはん1人と小6くらいの子供が4人並んでいた。

営業時間は終了近くで蛍の光が鳴っている。にもかかわらず、オバハンがまとめて会計せずに、クソガキ一人ずつに会計させているのだ。この時点であり得ないと思ったが、さらにそのうちの二人は何やら買ったものを交換してくれと言っている。

私の後ろにも3組くらい並んでいたので、このタイミングでそれはないだろうと思った。が、周りの状況など気にせずに自分のしたいことをするというのは見習うべきポイントだろうなと思う。

二度と会わないようなやつに怒られても嫌われても痛くも痒くもない。それよりも、自分のしたいことを我慢したりできなくなってしまうことの方が痛い。

今回の枚方パークでは、我が家にとってかなり特殊なことが起きた。奥さんが一度も切れたりイライラすることがなかったのだ。いつも、自分が行きたいところじゃないところ。子供を遊ばせる目的のところ、遊園地とかに来ると、何かしらでイライラしたりキレたりする。

私としては楽しい時間を過ごしたいので、子どもが楽しめるように配慮すると同時に、奥さんが切れてしまわないように気を遣っている。だからものすごく疲れる。

今回も気こそ遣ったが、イライラしたり切れたりすることがなかった。素直に感動した。今後もこうだったらいいのにと心の底から思った。

枚方パークを後にして、ホテルへ向かう。ホテルは京都だ。

ホテル到着と、京都駅撮影散歩

ホテル到着。ゆっくり休もうかと思ったが、家に帰れる分の充電がない。幸いスーパーチャージャーまでホテルから車で5分の距離。そこで、一人で充電しにいくことにした。充電している間カメラ片手にウロウロ。

スーパーチャージャーのあるリーガロイヤルホテルの入り口。

歩道橋の上から撮影。ゴリラポッドのパクリ三脚だったので、歩道橋からカメラが落ちないかどうかヒヤヒヤしながら撮影した。何も怒ってないのに「落ちる!」「落ちるかも!」という思考がやってくるだけで、ものすごく強烈な感覚を味わえる。

京都タワー

京都駅

帰り道とリーガロイヤルホテル

う〜ん、疲れた体を押して出た甲斐があるわ。いい写真が撮れた。やっぱり超広角レンズで撮る写真が好きだ。

ちょうど満タンに充電できたので、ホテルに帰る。いい1日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。