コントロールするべきものなど何もない

あなたもおそらくあなたが体験している現実を変えたいという思いがあると思います。
「もっとたくさんお金を得られたらいいのに。」
「やりたいことだけやって生きられたらいいのに。」
「彼女が何人もいたらいいのに。」
みたいなことです。

何かを変えたい、コントロールしたいということは裏返すと何かを嫌だ、いけないことだ判断しているということです。

例えば、もっとお金を手に入れたいと思っているということは、お金が入ってくる量が今までと同じや、今より少なくなるのは嫌だという思いがあります。

状況だけではなく、自分の考えや感情もそうです。
この考えや感情は「いい」、でもあの考えや感情は「悪い」だから、できるだけ「いい」と判断できる考えや感情を得られるようにコントロールしようとします。

ここで一つ考えてもらいたいことがあります。
「いい」と判断するためには何が必要でしょうか?

何かを「いい」と判断するためにはその反対側である「悪い」が必要になってきます。
何かを悪いと判断した前提の「いい」ことばかりが起こるように思考や感情をコントロールしようとしても、まず「悪い」ありきなのでうまくいきません。

いつまでも悪いことがある状態です。そこに意識が向いています。

例えば、収入についてです。今よりも収入が多くなることや、望んでいる収入を得られることを「いい」と判断するならば、今よりも収入が減ることや変わらないこと、望んでいる収入を得られないことは「悪い」ことになります。

この時点で、今よりも収入が減ることや変わらないこと、望んでいる収入を得られないという状態が存在します。

こうなると、収入が増えることもあれば減ることもあるという風にプラスとマイナスの間を行ったり來することになるか、現状と何も変わらないかのどちらかです。だって「いい」状態の裏には同じだけの「悪い」状態がありますから。

では、どうすればいいかですが、「いい」「悪い」の判断をやめます。収入を例にするなら、今月や今年の収入は◯◯万円だった。それだけです。「いい」「悪い」の判断をせず、その収入をありのまま受け入れます。

そして「完璧だ!」としてしまいます。あなたが収入について完璧だとみなしてしまえば、あなたは完璧な収入を得るようになります。
もっと欲しいと思うのは、足りないという思いがあるからです。変えたいと思うのは、嫌だだという思いがあるからです。コントロールしたい思うのは、それではダメだという思いがあるからです。
「いい」「悪い」の判断をせず、「完璧だ」としてしまえば、完璧な状況になっていきます。

収入だけではなく、いろんなもの健康や時間、人間関係などにも当てはめてみてください。「いい」「悪い」の判断を手放し、ただただ完璧だという認定をしていきましょう。

P.S でも、イクタイミングはいつもコントロールしますけどね(笑)

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

1件のフィードバック

  1. いつも解りやすい説明ありがとうございます。つい陥りがちなトラップに気付かせていただき、よきアドバイザーに巡り会えた気持ちです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。