コスパを無視すべき理由

一般的に言われているコストパフォーマンス、いわゆるコスパはクソです。
コスパを気にしている限り、お金から自由になれません。

コスパとは、金額の割りに質がいいとか、金額の割りに量が多い、金額の割りに満足感が高いというもののことを言うんだと思います。

これは一言で言うと「割安」です。

では、コスパがいいとされるものの金額が高ければ、それを選ぶのかどうかを考えてみると、決して選ばないと思います。
例えば、マクドナルドのハンバーガーなんかはコスパがいいものの部類だと思います。では、マクドナルドのハンバーガーが一つ千円だったらそれを買うのかを考えてみましょう。

割安だからという理由で選んでいるとしたら、絶対1000円も出してマクドナルドのハンバーガーを食べたいと思わないでしょう。でも、本当にマクドナルドのハンバーガーを好きで、食べたくて買っているなら1個1000円だろうが2000円だろうが買います。(私はマクドのポテトが大好きなので、たとえ1000円になっても2000円になっても買います。このポテト、揚げたて以外は最高にまずいですが、注文するときに「揚げたてで」というと、揚げたてを提供してくれますよ。)

コスパがいいからそれを選ぶ。これは、お金基準で買うものを選んでいるのであり、自分基準ではありません。お金基準ということは、お金に振り回されている状態なので、お金から自由になれません。

ものを選ぶ時に金額は関係ありません。あなた自身が欲しいと思っているものかどうか、やりたいことなのかどうか。これが唯一基準にすべきものです。

つまり、ものを買う時は値段を見なければいいのです。と言っても、いきなりすべてのものの値段を見なくなって欲しいものを買いまくるのは怖いと思います。

そこで、スーパーの買い物から値札を見ずに買う練習をしてみましょう。安いものではなく、食べたいと思ったもの、欲しいものだけを買うようにします。欲しいものが高くても安くても買います。逆に、安くても欲しくないものは買いません。

スーパーでできるようになれば、値段を見ない範囲を少しずつ広げていきましょう。そうして、少しずつ自分基準でお金を使う習慣をつけていくといいです。

※内容が矛盾していると感じた場合は、新しい日付の記事を採用してください。

おすすめ記事

最近の投稿

Photo Gallery

私が撮影した美しい写真がたくさんあります。ぜひ観ていってください。癒されますよ。

ギャラリーを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。